オフィシャルブログ official blog

タグ: 市議会議員

#23 建設委員会(H30.11)

別室での委員会傍聴

 

議論になっていたのは

阪急吹田駅を環境美化推進重点地区および路上喫煙禁止地区に指定する件。

 

特に喫煙禁止にした場合の喫煙スペースの位置の妥当性について質疑が繰り広げられていた。

 

私は分煙推進派だけれども、市長はおそらく喫煙は悪だと考えておられる。

 

今回もスモークフリーの観点なのでJTの協力が得られないとのこと。

 

喫煙者もタバコも吸わない人も気持ちよく過ごせるまちがいいと個人的には思う。

 

市長はもっと先を見て政策をうってるかもしれないし、もしかしたら個人的な感情でうってるかもしれない。

 

どちらが正しいというのがないのが政治のおもしろいところ。

 

今回の案件、委員会で提言が出るかもしれない。

 

 

#22 健康福祉委員会(H30.11)

所属している健康福祉委員会。

議論になったのは

 

1.健都レールサイド公園の運営に関する指定管理の件

 

2.吹田市介護老人保健施設の運営に関する指定管理の件

 

1については、過去にわたしが本会議でも取り上げたものでもあり、レールサイド公園と健都ライブラリーの運営を一体で指定管理にするもの。

 

少し気にかかるのはレファレンスなどの図書館の運営に関して一部直営を残す点。

 

すべて指定管理にした方が意思決定の面でも早いはずだけれど、そのことは過去にも十分伝えているので上手に対応することでその懸念は払拭してくれると信じている。

健都ライブラリーは再来年オープン、市民にとって居心地の良い場所になりますように。

 

 

2については市の外郭団体が落札。

 

外郭団体の専務理事が市役所職員OBだったり、選考の際の採点である項目が外郭団体は満点の20点、民間事業者が0点だったりと、客観的に見てどうなのかという部分について質疑が。

 

この件に関しては討論採決の際に意見を。

 

最後に健都グランドオープンのイベントに一千万円の予算がついてる点に質疑。

 

動員数も含め効果についてこだわるように指摘。せっかく大阪万博も決まったのだから、サテライト会場に選定されることも見越してSDGsを積極的に打ち出すべきと提案。

 

今回は5時半に終わる平和な委員会運営。

 

#13 答弁調整

平成30年度11月定例会の代表質問・個人質問が始まった。

吹田市議会では質問原稿を提出し、その答弁原稿もいただき本会議での質疑に備える。

その手法が「議会は原稿を読むだけの場」という批判を受けることもあるけれど、僕はそうは思わない。やり方次第だけれど。

 

事前に論点を明確にし、互いの立場をはっきりとさせたうえで議論をする。

時間が限られ、かつ答弁者が限られる場ではとても大事。

 

とはいえ、本当に原稿を読むだけではなんのこっちゃとなる。

各政策の責任者と議論をするわけだから、答弁の調整でうまくいかないときには議場ではアドリブで議論をして、考え方や方向性を引き出す。責任者としての重い発言をいかに引き出すかが議員の議会の場での腕の見せ所。

 

議員は行政の監視者という在り方もいいけれど、僕は吹田市をよくするパートナーと思っている。

プロフェッショナルとして行政を動かす中で、市民の代表として様々な意見を述べそれをさらによいものにしていく、あるいは逃している観点を提供する。

 

パートナーだから敬意をもって接するのは当然の事。

 

今回も調整、ありがとうございます。

1 2

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.