オフィシャルブログ official blog

タグ: 吹田市

言葉の大事さ

私にとって言葉はとても大切でその使い方には注意が必要。なのですが、先日の質問で適切でない言葉を使ってしまい、議場において発言取り消しを行いました。

してるつもりでできていない、配慮。大反省です。

市民に代わって議場で発言や採決を行うことができる議員、自分がすべての経験をできないからこそ、しっかりと当事者のことを我が事として捉えねばならないのですが、まだまだ足りておりませんでした。

一事が万事、改めて気を引き締めて職務を行います。

 

先々動くことが大事

「あだちばくはつ」をテーマとした平成29年、いろんなことに挑みすぎて最近自分のキャパを超え始め、ついにやらかしてしまいました。

仕事がたまってくると色々と後回しにしてしまうだめな足立。

ついに今回大きなヘマを。相手方のご好意でなんとかしていただいたものの、大反省です。

キャパを超えて問題が起こった際は自分を強制的に変える機会。生活や癖を見直して改善していきます。

平成28年度決算常任委員会 総括質疑

本日は吹田市議会決算審査の総括質疑。
 
少しマニアックだけれども今回から決算審査を特別委員会から常任委員会に変更しました。それに伴い約11名委員を選出し彼らがすべて審査していたものを、29名の委員を選出し4つの分科会を作って分担することになりました。
 
これにより5日間にわたる審査、年度によっては連日深夜まで及んでいたものを、常任委員会ごとに分担することで効率的かつ深い審査ができる形になったのではと考えます。実はこれ、吹田新選会が提案し、議会改革関連の協議会で揉んでいただき実現にいたりました。
 
議会改革において、議員がより高いパフォーマンスを発揮するための環境づくりは非常に大切だと考えています。議員が二元代表制において本来の職責を果たしてこそ、地方政治がよくなり、時代のニーズに合わせて環境を整備していくことこそが議会改革だと考えます。
 
市民には直接的な影響はなく地味ですけどね。議員報酬削減とか議員定数減らすとか、そういうものの方がわかりやすいし受けやすいんでしょうが、「議会があるべき姿を目指す」という意味においての『議会改革』という文脈で考えると優先度は低いのかなと。
 
IMG_6931
 
市民からは非常にわかりづらいものですが、よりよい吹田市政の実現のためにコツコツやっております。
 
ちなみに僕は今年度監査委員の為すでに決算審査を終えており、今日は傍聴です。写真は石川議員。吹田新選会を代表して頑張ってくださっています。
1 2 3 4 5 6 8

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.