オフィシャルブログ official blog

カテゴリー: 視察

幼児教育における素読の有効性

広島に行ってきました。朝6時50分の新幹線に乗り、15時50分の新幹線で帰るまさしく弾丸。目的は幼稚園のカリキュラムとして取り組まれている素読を視察するため。広島市東区の安芸みのる学園に視察を受け入れていただきました。

 

9時半から12時まで、年少、年中、年長の3つのクラスすべての事業を見せていただきました。

 

冒頭で衝撃を受けたのが偉人フラッシュカード。湯川秀樹や聖徳太子などの名前が3歳の子供達の口からぽんぽん出てきます。

https://youtu.be/sEJfllYpHFQ

 

その次は漢語と和語のフラッシュカード。漢字の音読みと訓読みですが、これもぽんぽんと。

https://youtu.be/SlhutYua2AQ

実は原理は簡単で、動物や絵と同じように子供は漢字を画像認識するそうで、要は車の絵を見て「くるま!」と言うのと同じだそうです。別に漢字が読めているわけではない。

 

とはいえ、すごいな!!とびっくりするわけです。さっきの2つの動画はどちらも年少さん。3歳です。

 

IMG_5370

こちらは年中さん。立腰といって腰骨を立てて座ることも年少さんよりできるようになっています。もちろん読みは年少さんよりしっかりと。

 

そしてこちらが年長さん。

https://youtu.be/xcsmkgE4s8w

姿勢もさらによくなって、スピードもかなり早いです。最後の「漢語と和語その3!」の「3!」って言うときがめっちゃかわいい。楽しんでやっていることをすごく感じます。「難しいのは嫌だ~」とかも言うんですけどね。

 

そしてこちらが素読の様子。

https://youtu.be/9rDLJlXvJJ8

めっちゃ元気。
今日授業で使っていた言葉は

年少は論語の「子の曰わく、君子は事(つか)え易くして説(よろこ)ばしめ難し。これを説(よろこ)ばしむるに道を以てせざれば、説ばざるなり。其の人を使うに及びては、これを器にす。小人は事(つか)え難くして説ばしめ易し。これを説ばしむるむに道を以てせずと雖ども、説ぶなり。」

年中は武田信玄の「為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人の儚さ」

年長は二宮尊徳の「右一歩 左一歩と 怠らず 行けば千里の 果ても見るべし」

 

さて素読ですが、意味を説明せずにただ読むことを素読といいます。素読を続けることによって語彙が圧倒的に増えていくとのこと。意味は分からなくてよいので、年少、年中には一切説明せず、年長には少し説明されていました。

 

素読は昔日本でも寺子屋で行われていた形態で、欧米では今でも授業で取り入れられています。導入された園長先生に伺うと、集中力と記憶力が非常に向上したとのことです。子供はやればやるほど、どんどん成長していくので素読をすれば暗唱もすらすらできるようになります。

 

今回視察した目的は、幼児教育の可能性について学ぶため。子供はやればできるからこそ、どのタイミングでどのようなことを提供するのがよいのかを考えています。というのも私は学力の基礎となる国語力の育成について問題意識をもっています。家庭教師をしていた頃、勉強で躓いている子には文章の意味を理解できていないという特徴がありました。

 

文部科学省は脳の成長に合わせたあるべき国語教育について指針を出しています。3歳からも必要だと名言しているので、幼児教育でどんどんすればいいじゃないか、と思うのです。1つの授業がだいたい50分程度。1日それくらいの時間を素読に充てるのもいいのではないかと考えます。

 

今回は課題をいただいたので、これをもとに幼稚園や保育園の先生に意見を求めていきたいと思います。そして、保育園・幼稚園に子供がいる親御さんにも是非意見をいただければと幸いです。成長においてとても大事な時期の教育、それに関わる公立としての役割と責任、どんどん取り上げていきます。

 

 

エキスポシティがまもなくオープン

 エキスポランド跡地にできた三井不動産の商業施設、エキスポシティが19日にいよいよオープンいたします。交通渋滞の可能性が檄高で問題を抱えていますが、まずはオープン。実はこの施設の中に、吹田市観光協会が移転するということで事前内覧券をいただいたので行ってきました。

観光協会、テナント名はInforest すいた。
当日はすいたんも。写真では楽しそうにしていますが、すいたんが左手で僕の右頬にかなりのプレッシャーをかけてきていることからもわかるとおり、このテナント設置については議会で厳しい指摘をさせていただきました。

というのも、

 

 

と、ここで書こうと思いましたがせっかくオープンのめでたい場なのでその件は改めて。とてもいいポジションにありますので是非一度お立ち寄りください。そしてご意見をお聞かせください。

 

さて、議会で往復バスを出していただいたのですが、Inforest すいたでいろいろ話をしたあとも帰りのバスの出発が1時間半後。

 

困りました。

 

 

僕は人がたくさんいるところは苦手なのです。


  

というわけで、ショッピングモールからすぐ出た足立は気になっていた
English Villageへ。

 

  

English village とはなにかいな?ということですが、ここで英語のレッスンを受けることができるのです。警察やテレビ局、レストランや飛行機など様々なシュチエーションがプリペアーされていて、その状況にフィットしたイングリッシュをスタディできるという施設。  

 

 

実際のレッスンをいくつかルックしたのですが、子供達はベリーエンジョイでした。吹田市の学校教育部のスタッフやエデュケーション委員会の委員も視察にカムされており、今後の連携もルキングフォワードトゥです。平日4時間5400円、休日だと6400円で高く感じがちですが娯楽ではなく英語のレッスンを受けるという観点からみると妥当なプライスです。うまくいってほしい事業です。

ほとんどの時間をEnglish villageで過ごして外に出るとガンダムとザクが戦っていました。ガンダムカフェの店員さんの服装がとてもよかったです。是非一度。

 

他にも水族館やポケモンジム、映画館などなんでもあるのです。日本最大級の観覧車も来年できるエキスポシティ。1人で行ったのでどこも堪能せずじまいでしたが、家族や友達、カップルで行くと楽しいよ!

19日グランドオープン!行かれる際は是非公共交通で!

 

三大欲求のひとつですから

今日は
ママGOGOさんという
お母さん達のための
保育付きの講座を
開催してくださっている団体の視察

文化行政推進のために
浜屋敷の視察

いただいていた
市民さんからの要望実現のための
ヒアリング

懇親会

ローターアクトの会議

という一日でした。




今日の午前参加させていただいた
ママGOGOさんの
講座ですが
テーマは
マクロビオティック



きっかけは
先日ある事業を進めるために
お越しいただいたお母さん方に
ご紹介した
面白そうなイベント授業

http://www.legout.jp/event/lesson/


味覚の授業といって
プロの料理人が来て

塩味、酸味、苦味、甘味、うまみについての知識を味わうことの楽しみに触れる体験型学習


これを是非お子さんが行かれている
学校でやってもらえるよう
校長先生に働きかけてくださいと
お願いした際に


足立が食育にも興味があるのか!


ということを
知っていただき
今回の講座に
お誘いいただけることに。


ブログや
フェイスブックで
たまに書きますが
私は人生において
食がかなり重要だと考えています。


なんせ三大欲求のひとつですから。


食事を楽しむことは
必ず人生を豊かにします。


誰かと食べる喜びや
作ったものを食べる喜び。
旬のものや伝統的なものを
食べる楽しみ。



食は文化です。
餌ではなく
御飯ですから。


食育については
家庭環境でどうしても
食の大切さを
知ることができないことも
ありますから


学校で伝えるべきなのです。



特に
カップラーメンや
コンビニ弁当
ファーストフードでは
その部分が満たせないし
健康や添加物の点で
よほどの事情がない限り
食べるべきではないということを


営利企業であるテレビは
言うはずがないので
子供達に
教えることができるのは
学校だけなのです。



もちろん
それを食べざるを得ない
状況もありますが
それが当たり前になっては
ならないのです。



人生を豊かに過ごすために
食は本当に大切。



ちなみに
小学校の卒業文集の
私の将来の夢は
シェフでした。



王様のレストランの
影響です。



{8587F559-4B2C-4259-94E7-FF3ACA72591D:01}


綺麗なお母さん方に
囲まれての勉強会だったので
やはり目をつぶって写っていました。


食事。
大事です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 17

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.