オフィシャルブログ official blog

カテゴリー: 火(活動)

#13 答弁調整

平成30年度11月定例会の代表質問・個人質問が始まった。

吹田市議会では質問原稿を提出し、その答弁原稿もいただき本会議での質疑に備える。

その手法が「議会は原稿を読むだけの場」という批判を受けることもあるけれど、僕はそうは思わない。やり方次第だけれど。

 

事前に論点を明確にし、互いの立場をはっきりとさせたうえで議論をする。

時間が限られ、かつ答弁者が限られる場ではとても大事。

 

とはいえ、本当に原稿を読むだけではなんのこっちゃとなる。

各政策の責任者と議論をするわけだから、答弁の調整でうまくいかないときには議場ではアドリブで議論をして、考え方や方向性を引き出す。責任者としての重い発言をいかに引き出すかが議員の議会の場での腕の見せ所。

 

議員は行政の監視者という在り方もいいけれど、僕は吹田市をよくするパートナーと思っている。

プロフェッショナルとして行政を動かす中で、市民の代表として様々な意見を述べそれをさらによいものにしていく、あるいは逃している観点を提供する。

 

パートナーだから敬意をもって接するのは当然の事。

 

今回も調整、ありがとうございます。

#12 FM千里

吹田青年会議所の次年度理事長がラジオ番組で収録するためにFM千里へ。

そして僕は吹田青年会議所の出向で来年からFM千里の番組審議委員会委員になることに。

 

ラジオはよく聞く。というのも我が家にはテレビがない。

1人暮らしを始めたころからずっとない。意志が弱いのでついつい見てしまい、9時くらいから気づくと12時とかになっているのが恐い。

とはいえ1人暮らしでご飯を食べているときに無音。というのはとてもさみしい。

そこでCDコンポを買ったものの、同じCDばかり聞くのも飽きる。そこで聞き始めたのがFM802。それ以来、よく聞く。

 

とはいうものの、FM千里はニュータウンが主な対象で我が家には電波が届かない。困ったなぁ。

と思っていたらこんなものもあるみたいで。いい意見を言えるようになっておこう。

 

お役をいただけることはありがたい。

#9 中学生との政策練り上げ②

その①はこちら

 

当事者の声を政策に練り上げていく。それは民主主義において重要なプロセス。

 

これまでも度々やってきたけど中学生とは初めて。しかも個別の案件ではなくそもそもの方針に関すること。次の3月定例会を見据えながらじっくり時間をかける。

 

議会でも度々述べているけれど、市民の声を反映させるにあたり議員や行政職員はプロフェッショナルでなければならない。

 

市民の声は非常に大事。だけれどもそれをそのまま実現するのではなく、その方々がどのような想いでそれをおっしゃるのか。

 

その問題の本質を見据え、それを昇華し、解決のために案を出す

例えば「公民館を建ててほしい」という要望を受けた際には、「なぜ必要なのか」「その手法でなければならないのか」を共に考え、当事者はもちろん、より多くの方に喜んでいただける案を立てることが大事と考えて仕事をしている。

 

今回も彼の中にある漠然とした、しかししっかりとした想いを形にしたい。

 

これがきっかけで、彼が「政治家ってめっちゃ大事」と実感してくれたら最高である。

1 2 3 4 5 6 7 126

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.