オフィシャルブログ official blog

カテゴリー: 火(活動)

広報委員会

8月31日は
後藤議員の代理で
広報委員会に出席させていただきました。



いかに議会のことを
わかりやすく
市民の方々にお伝えできるか。





非常に非常に非常に




非常に





難しいことです。





自分のビラを作る際にも
とても頭をひねっています。




今回も
議会事務局の方が
力を尽くしてくださいました。




皆さんのお手元にも
もう届いているかと思われます。





是非!
読んでみてください!





そして今後
より市民の方に
親しみやすい形で



今までの形にとらわれることなく
吹田独自の素晴らしい議会だよりに
なるよう




広報委員会のみなさんが議論されることを
期待していてください!




新しく立ち上がった
広報委員会と
議会改革特別委員会に
ご期待ください。

会派会議

9月6日は
新選会・みんなの未来
合同会派会議が
行われました。




僕たちは
控室が同じなので
日ごろから意見交換を
行っていますが



月に1回
お互いの方向性を
確かめ合うために
勉強会や会議を
行っています。









今回は
9月定例会の
質問事項についての確認と



山口議員による
原発問題
環境問題のレクチャー





山口議員の見ている世界は
非常に大きいと感じていたのですが




今回詳しくお話を
聞いたことで




自分が考える
日本の将来と
少しずつリンクできてきた気がします。






非常に大きな分岐点に
立たされている
日本と世界




その中で
自分は
どのような役割を果たすことができるのか




非常に考えさせられます。


橋波保育園視察

東南アジアから帰ってきてからの
日本での活動を
一切報告していなかったので


一気に書かせていただきます!!


8月29日は
守口市の
橋波保育園の視察に行ってきました。



橋波保育園は
発達障害の児童への対応が
有名でその取り組みが
親学の始祖高橋史朗先生
が注目されており
全国からもたくさんの視察を
受け入れられているそうです。



脳科学に基づいた教育を
行われおり







腹ぺこあおむし
懐かしい…




この保育所の特徴は
発達障害と疑われる子供の
観察記録を付け
検討会議・職員会議を経て
そうだと認められた際には
保育園・保護者・関西医大で
連携して子供を見守っていくそうです。



その観察記録が
非常に評価されているのですが
人材・予算が足りていないそうです。




この保育所では
子供が変われば親が変わる
という理念の下
子供たちに様々な報告をさせ
早起きや朝食を食べたいと
親に言わせるよう努力されているそうです。



また先進的な教育を
行っても
園児が小学校に上がると
能力が下がってしまうという声から
学童保育もはじめられたそうです。



上記2点は
ヨコミネ式教育の
横峯先生も同じことをおっしゃっていました。



教育にとって環境は
非常に大切なのです。
たとえばリーダーといわれる
人材を育てるには
一貫してそのような教育を
し続ける必要があるのかもしれません。



マレーシアやシンガポールでも
そのような教育は
しているようです。





このような全国から
注目されている橋波保育園ですが
政治的な理由で
閉園となる可能性が高いそうです。




大人の事情で
子供の学ぶ場が失われることは
ほんとに悔しいことです。。




保育所での教育
どのようなものが理想か。


吹田市の保育所にも
是非視察をお願いしたいと
思っています。



いろいろ学んで考えていきます。



1 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 126

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.