オフィシャルブログ official blog

平成29年11月定例会が始まりました

11月28日から定例会が始まりました。

今回上程された議案はこちら。
http://www.city.suita.osaka.jp/var/rev0/0180/3153/1171124163048.pdf

地方税法の改正に伴う市税条例の改正や、新しく中の島公園に作るフットサルができる多目的グランドに関連する条例、吹田南公民館の新設に伴う条例制定

南吹田駅前広場整備事業の工事請負契約、市民病院の中期目標

市民ホールやコミュニティセンター、勤労者会館、体育館の指定管理者選定など様々な議案があります。

個人的には決算等で指摘していたやすらぎ苑(火葬場)の指定管理導入が実現する議案があがってきたことがうれしいです。

補正予算として大きなものは市立吹田サッカースタジアムのネーミングライツ契約による約5千万の歳入、南千里駅前の土地購入費約9千万円の歳出、新聞報道もされたJアラートを学校の放送設備を活用して放送するための整備約5百万などです。

あまり揉めそうな案件はなさそうですが、私が所属する福祉環境委員会では新しく公立で小規模保育事業開始の案件もあるのでしっかりと質疑していきます。

他の自治体の選挙の応援に行く理由

今日は福岡県苅田町で町長選挙に立候補されている冨安正直さんの応援に行ってきました。

IMG_2046

冨安さんは林英臣政経塾と龍馬プロジェクトの先輩で、筋を通し義に厚く仲間の危機に駆けつける、僕にとってはヒーローのような存在。

IMG_2053

こういった活動は個人的なものなので当然実費。噂の政務活動費は絶対に使えません。

なぜ日帰りで実費で福岡まで応援に行くのか。

それは、日本の政治変革は地方自治体から始まると信じているから。

もちろん国政の動きも大事ですが、地方自治体の議員としては全国の自治体で同時多発的に社会をよくする政策が実現されていけば、それが大きな流れとなり日本中を変えることになると考えるのです。

そして、地方行政を変えることができるのは首長です。僕が応援に行くのはほとんど首長選挙。

龍馬プロジェクトや林英臣政経塾という全国組織で共に学び、想いが同じ政治家がその自治体で首長となり、様々な変革を成し遂げてくだされば、ひいては日本全体の利益になる。そう考えて応援に行っています。

よその町の議員が応援に行ったところで実質、票に影響するのかははなはだ疑問ではありますが、それでも少しでも戦力になれるのであれば喜んで伺います。

僕自身もっともっと鍛えねば。

平成28年度決算常任委員会 総括質疑

本日は吹田市議会決算審査の総括質疑。
 
少しマニアックだけれども今回から決算審査を特別委員会から常任委員会に変更しました。それに伴い約11名委員を選出し彼らがすべて審査していたものを、29名の委員を選出し4つの分科会を作って分担することになりました。
 
これにより5日間にわたる審査、年度によっては連日深夜まで及んでいたものを、常任委員会ごとに分担することで効率的かつ深い審査ができる形になったのではと考えます。実はこれ、吹田新選会が提案し、議会改革関連の協議会で揉んでいただき実現にいたりました。
 
議会改革において、議員がより高いパフォーマンスを発揮するための環境づくりは非常に大切だと考えています。議員が二元代表制において本来の職責を果たしてこそ、地方政治がよくなり、時代のニーズに合わせて環境を整備していくことこそが議会改革だと考えます。
 
市民には直接的な影響はなく地味ですけどね。議員報酬削減とか議員定数減らすとか、そういうものの方がわかりやすいし受けやすいんでしょうが、「議会があるべき姿を目指す」という意味においての『議会改革』という文脈で考えると優先度は低いのかなと。
 
IMG_6931
 
市民からは非常にわかりづらいものですが、よりよい吹田市政の実現のためにコツコツやっております。
 
ちなみに僕は今年度監査委員の為すでに決算審査を終えており、今日は傍聴です。写真は石川議員。吹田新選会を代表して頑張ってくださっています。
1 2 3 4 5 6 7 8 324

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.