オフィシャルブログ official blog

先々動くことが大事

「あだちばくはつ」をテーマとした平成29年、いろんなことに挑みすぎて最近自分のキャパを超え始め、ついにやらかしてしまいました。

仕事がたまってくると色々と後回しにしてしまうだめな足立。

ついに今回大きなヘマを。相手方のご好意でなんとかしていただいたものの、大反省です。

キャパを超えて問題が起こった際は自分を強制的に変える機会。生活や癖を見直して改善していきます。

平成29年11月定例会が始まりました

11月28日から定例会が始まりました。

今回上程された議案はこちら。
http://www.city.suita.osaka.jp/var/rev0/0180/3153/1171124163048.pdf

地方税法の改正に伴う市税条例の改正や、新しく中の島公園に作るフットサルができる多目的グランドに関連する条例、吹田南公民館の新設に伴う条例制定

南吹田駅前広場整備事業の工事請負契約、市民病院の中期目標

市民ホールやコミュニティセンター、勤労者会館、体育館の指定管理者選定など様々な議案があります。

個人的には決算等で指摘していたやすらぎ苑(火葬場)の指定管理導入が実現する議案があがってきたことがうれしいです。

補正予算として大きなものは市立吹田サッカースタジアムのネーミングライツ契約による約5千万の歳入、南千里駅前の土地購入費約9千万円の歳出、新聞報道もされたJアラートを学校の放送設備を活用して放送するための整備約5百万などです。

あまり揉めそうな案件はなさそうですが、私が所属する福祉環境委員会では新しく公立で小規模保育事業開始の案件もあるのでしっかりと質疑していきます。

他の自治体の選挙の応援に行く理由

今日は福岡県苅田町で町長選挙に立候補されている冨安正直さんの応援に行ってきました。

IMG_2046

冨安さんは林英臣政経塾と龍馬プロジェクトの先輩で、筋を通し義に厚く仲間の危機に駆けつける、僕にとってはヒーローのような存在。

IMG_2053

こういった活動は個人的なものなので当然実費。噂の政務活動費は絶対に使えません。

なぜ日帰りで実費で福岡まで応援に行くのか。

それは、日本の政治変革は地方自治体から始まると信じているから。

もちろん国政の動きも大事ですが、地方自治体の議員としては全国の自治体で同時多発的に社会をよくする政策が実現されていけば、それが大きな流れとなり日本中を変えることになると考えるのです。

そして、地方行政を変えることができるのは首長です。僕が応援に行くのはほとんど首長選挙。

龍馬プロジェクトや林英臣政経塾という全国組織で共に学び、想いが同じ政治家がその自治体で首長となり、様々な変革を成し遂げてくだされば、ひいては日本全体の利益になる。そう考えて応援に行っています。

よその町の議員が応援に行ったところで実質、票に影響するのかははなはだ疑問ではありますが、それでも少しでも戦力になれるのであれば喜んで伺います。

僕自身もっともっと鍛えねば。

1 2 3 4 5 6 7 8 324

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.