オフィシャルブログ official blog

大阪志学塾

先日
大阪志学塾に
行ってきました



大阪志学塾とは
小田全宏氏が講師の勉強会で
陽転思考を中心に
学ぶ場所です。



今回が初回なので
陽転思考とはなんたるかも
まだわかっておりませんが



小田全宏氏も
松下政経塾卒塾生ということで




この1年
本当に松下政経塾塾生の方々と
ご縁があると
じっかんする日々です。




今回のテーマは
中村天風
この講座で
私の心に残っている
いくつかの言葉を




「義務感をゼロにする」



~しなければならない

という言葉を

~したい



と変えるということで
この講義の後
早速実行しているのですが
効果すごいです!!


そんな言葉変えたからって…
と思われるかもしれませんが



是非試してください!
今まで以上に前向きな自分が
実感できます。



もうひとつは
自分の部屋と
自分のこころは繋がっているというもので



近藤真理江という方の
人生がときめく魔法の片づけ
という本を例に挙げながら
片づけの素晴らしさを
あまりにも語られるので
早速買って読んでみました。



最近自分のめざす社会というものの
答がすこしずつ
明確になってきたのですが



この本も
同じようなことを書いてあって
改めて確信が深くなってきています。




人にとって幸せはなんなのか
日本人にとっての幸福感とはなにか



それが満たされるように
パラダイムを変換していくことに
使命感をもっております。



そのほかにも
>寝る前今日もいい一日だった法や



鏡の前お前幸せだ法も習い


実践したら
おもしろそうなことも
いろいろ学びました。




最後に

自灯明、法灯明


という言葉をいただいたのですが

意味は
『自己を頼り、法を頼る」
なのだそうですが
いまだ読み解けません。



しかしこの
昨日学んだ
「道理」と同じなのかなと
すべてにおける共通の考えにも
少しずつ触れてきているような気がします。







ちなみに会場は
中の島の中央公会堂


またここでデートをしたいなぁと
淡いことも考える26歳です。

関西寺子屋モデル 吉田松陰編

本日は
関西寺子屋モデル
その名の通りお寺での勉強会に
参加してきました。


寺子屋モデルは
日本の偉人伝を語り伝える
ということが趣旨の
九州にある株式会社です。



本日のテーマは
吉田松陰



講孟箚記
臨済宗の住職さんが解説してくださいました。



講孟箚記は
吉田松陰が野山獄に収監されていた際
終身刑の囚人たちに
孟子を講義した際の記録です。



終身刑ということで
人生をあきらめ
自暴自棄になっていた人たちが
再び学ぶ意欲をもつようになった
ということですから
すさまじい力です。


ちなみに亡くなったのが29歳のときなので
今の僕と変わらないくらいの時の
お話です。




学んだことで
今の僕にびびっときたのが




其の心を尽くすとは
心いっぱいの事を行ひ尽くすことなり。


「形を践む」とは「心を尽くす」と同義で
形を践むとは持ち前を発揮することである




つまり
自分の能力を精一杯使い切る。
一つ一つの仕事に
自らの全力を注ぎきる。
もっと広くいって
自分の人生を全力で生き抜く
それを心を尽くすという言葉で
表されています。




僕は
学ぶタイミングがいつもよくて



もう一度
自分を見直すための
素晴らしい学びをいただきました。



心を尽くす




今日からの自らへの課題です。

お紅茶

頂き物のお紅茶が
とても素晴らしかったので


思わずアップします。

photo:04




昔通っていたカフェから
頂いた
ティーカップ。



小さな事に幸せを見いだす
ここ最近。


別に暗くなったわけではありませんよΣ(・□・;)


iPhoneからの投稿
1 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 335

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.