オフィシャルブログ official blog

深夜におよぶ

今財政総務委員会
終わりました。


1時です。


中身を報告したいと思いますが、
明日にします。



審議時間足りないような。。


フラフラですわ。



iPhoneからの投稿

差し入れ

財政総務委員会
ようやく2つ議案の採決
終わりました。


給料表改正と
給料カットと
退職金アップ


しっかり質疑してきました。



議案は
まだまだ残っていて
今休憩中


photo:02




あさりごはんのおにぎりと
さけごはんのおにぎり。



おいしい。





iPhoneからの投稿

20111219財政総務委員会

本日は
財政総務委員会初日。



議題はたくさんあるのですが

今日は
①吹田市職員の給料テーブル改正(条例改正)
②2年3か月の職員の給料3%~12%削減(特例に関する条例)
③退職金の額改正


の3つで
議論が紛糾して
今日は終わりです。



①については
 わたりの是正を含む
 (国家公務員と同じ役職で、国家公務員より給料が高い)
 給料表改訂の条例です。
 給料表のみでの影響額は増加です。
 ただし規則で幾分かの削減があるので
 含めて考えると4千万円の削減(24年度)
 
 しかし今後、1人当たりの給料が
 今より増加する可能性があるので
 明日の審議で5年推移の資料を求めています。

②については
 平成24年1月から平成26年3月までの
 26か月の特例で
 係員3%から部長12%の給料カットで
 24年度では6億9千万の削減です。

③については
 退職金の総額は上がります。
 平成18年度に
 給料が国に合わせて5.4%下がり
 地域手当という手当が2%上った際に

 退職金が下がることになったので
 その時下がった分を今回上げたいとのことでした。



公務員制度改革だ!



と声高に言っていますが、
今回の改革は
そんな感じです。
ちなみに人件費は総額で
300億円ほど
です。



今回の提案を見ると
給料表そのものを
変えるのではなく
時限的な条例で
いったん様子を見ておこうという風に
感じ取れます。




私自身は
公務員の給料については
財政健全化という目的のための
手段の一つでしかなく
(もちろんやるべきですが)



市長が示した公約や
目標数値に向けて
職員が合わせるものであって



数字や計算方法についてまで
どうこう言うつもりはなかったのですが



今回の提案の仕方が
目くらましのような
そんな風に
受け取ることができる形だったので
しっかりとわかりやすい
議論をしたうえで
賛否を決めていきます。



特に退職金の増額の提案
市長が財政非常事態宣言を
だしているにもかかわらず

一部の市民の方が
サービスを削られそうで
必死に要望を上げておられるにもかかわらず


職員の退職金を上げる議案を
市長側が今回提出したことについて



市民の皆さんはどう思われるでしょうか?
1 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 339

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.