オフィシャルブログ official blog

お紅茶

頂き物のお紅茶が
とても素晴らしかったので


思わずアップします。

photo:04




昔通っていたカフェから
頂いた
ティーカップ。



小さな事に幸せを見いだす
ここ最近。


別に暗くなったわけではありませんよΣ(・□・;)


iPhoneからの投稿

朝カレー昼うどん夜カレー

 一昨日までの
決算審査委員会や
議会の会期中など
時間がなかなか取れない日は
がっつりカレーを作り置きして
朝夜はカレー
昼は食堂でうどん・おにぎりを
食べております。




夜カレーwithフライドチキン


今回は
前半は豚足カレー(豆乳ベース)
後半はチキンカレー(ココナッツミルクベース)



角皿を使うとおしゃれに見える。
木のスプーンはくちざわりがよい
柿はかぶりつく
フライドチキンは骨付きで作るとうまい



などなど
同じメニューでも
いろいろこだわりを持つと
楽しめたりするものです。





食べたい方は是非遊びに来てください。
一人で食べるのは
好きではないのです

決算審査特別委員会 総括審議

昨日は
決算審査特別委員会総括審議
いろんな部にまたがる事項についての
議論です。



最終日は
公共施設整備に対する件
22年度における全庁における業務効率化
効率化を促進するための手当ての整備
民間企業出身の業務改善プロジェクトチームの提案
22年度において68億円もの取り崩しを
予算計上されていた財政調整基金が取り崩し額0円になった件
子育てするなら吹田と言われるゆえん
井上市長が財政非常事態宣言を行ったことに対して
行政責任者であった副市長としてどう感じるか
について質問しました。




68億円も
取り崩す予定だった基金が
取り崩さないで済んだということは



非常に喜ばしいことですが
原因次第では
今年度赤字債発行と基金取り崩しの合計
85億円をもって




財政非常事態と宣言したことの
信憑性がまた揺らいでしまいます。




原因としては
入札差金などによって生じた不要額
地方交付税交付団体となってしまったことにより
交付税による収入がはいったこと
IBMとの契約が解除となり
市のパソコンの基幹システム構築費用の支出がなくなったこと
などが挙げられていました。




財政非常事態に対する追及を避けるためか
副市長が担当部の説明の直後に
赤字債の話を出して
そのことをもって非常事態と言い直しておられました。




やはり非常事態とするには
安定した財政であることから
こじつけることが大変そうです。




しかし近い将来の財政のことを考えると
よっぽどマズイことをしなければ
財政非常事態宣言に対しても
批判をするつもりはないのですが。。。





教育については
公立小中高では
確かな学力をつけると
おっしゃったので



足立:確かな学力ってなんですか?


教育監:生きるための学力です。


足立:生きるための学力って?


教育監:発想力や応用力、団結力など


足立:数値で測ることができないものなんですね?


教育観:その通りです!




とのことで、
なにやらよくわからない感じが。。


その割に市長がすすめる教育の維新では
放課後に学生が生徒を教えるという
事業を始めるそうで。




教育監が言う「生きる力」とやらと学力
やはり議論をわけるべきで



テスト等で測れる
国語算数理科社会の学力については
成績を伸ばす
という目標を立てて
吹田市の公立学校に行かせると
学力がつく
というブランドを持つべきだと
思うのですが
なかなかそういう考えは普通ではないみたいで。。




私は公教育の責任として
少なくとも
読み書きそろばん
算数でいうと
加減乗除、割合、速さなどの
基本的なことは
理解する状況を作っておくべきだと



というのも
家庭教師時代に
小学校の算数がわからないまま
中学校に行き非常にしんどい思いを
している子を何人も見たので。。。




話があっちこっちに飛びましたが
とにかく昨日で
すべて決算審査終わりました。




今回は
施設管理、職員の業務の効率化を中心におき
そこから派生する
質問をしました。









今回使った資料。



この決算審査で
様々な気づきがあったので
政策の幅を広げるために
勉強したいことが増えました!!




挑戦する26歳です
1 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 328

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.