オフィシャルブログ official blog

日: 2016年7月20日

吹田南保育園運営事業者決定

前市長時代から続いていた保育園民営化の案件、民営化1園目の事業者が決定いたしました。南保育園民営化関連の記事はこちらから。

さて、保育所民営化ですがずっと申し上げている通り私は賛成の立場です。毎年の予算を見ていてもうなぎ上りの保育所関連費用。下げられるコストを下げて財源確保していかなければ、赤字債を発行せざるをえない状況になりかねません。実際に民営化によってどれくらいコストを下げられるのか、市長当局は1園あたり8千万円と示しており、実際の部分はこれから検証する必要があります。

 

民営化の1園目が地元ということもありたくさん相談をいただいておりました。先ほども申し上げました通り、財政上の問題から賛成の立場をとっており、民営化に伴う保護者の不安の解消を求めるという立場で議会でも質疑や要望を行ってきました。この民営化の政策に対しては共産党とその支持母体が中心となり反対運動をされ、特に前市長最終年度には予算承認のために民営化を1年遅らせるという取引がされたような気配もありました。(ずっと前市長の予算に反対し続けていた共産党が賛成に回るとともに民営化延期が表明されたという外形から、そうではないかという推理)

 

共産党が自主応援した後藤市長になってからも、最初の予定よりさらに1年遅れることとなりましたが、民営化の政策は引き継がれました。その結果、保護者代表も交えた事業者選定委員会が開かれこの度運営事業者が決まりました。個人的には同じ地域で既に保育所を運営されている事業者になるのかなと思っておったのですが、決定したのは別事業者で2回前の市長選挙で共産党が推薦した候補の関連団体でした。

 

今後事業者と市と保護者の3者で、保護者の皆様が説明会で市に求めていた保育水準維持等の実現に向けて話し合いが行われます。その後合同保育が行われ、再来年の4月からいよいよ民営化。

保護者に対する説明会で、時に罵倒をあびせられながらも実現にこぎつけた職員さんに感謝いたします。

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.