オフィシャルブログ official blog

日別: 2016年5月3日

憲法記念日

今日は日本国憲法が施行された日、ということでほんの少しだけ憲法の話を。

 

憲法はconstitution

ということでそもそも国の在り方を定めたもので、我が国はこういう国である、ということを必要な分だけ明文化したものであると考えています。伝統・文化や慣習の明文化ともいえます。

 

国民が持つ権利を国に対して明示している条文もありますが、第1条から始まる天皇の項目や国会、内閣、裁判所の規定もあることからそれがわかるかなぁと。

さて、この時期になると護憲や改憲の勉強会にお誘いいただけます。

 

なお、私は9条のみを捉えていうと、自衛隊の存在が必要だと考えていて、自衛戦争も必要だと考えるので、その自衛隊や自衛戦争が9条第2項の『陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。』に明らかに反するためにこの部分は現実に合うようにすべきだと思います。解釈云々がありますが、一般国民が子供にきちんと説明できない状況というのはどうかなぁと思います。

 

まぁそれはそれとして、取り上げたいのは国民の義務の部分。勉強会や学生に対して権利の話をするとき必ずセットで義務の話をします。

 

憲法に定められた国民の義務。

 

納税と勤労と子女に教育を受けさせる義務。

 

この3つめの子女に教育を受けさせる義務を果たせていない方の増加が問題となっています。国の方針によりわが市でも生活困窮者の児童に対する学習支援の事業が始まります。

 

義務教育過程で知識が十分に与えることができていない学校が抱える問題もありますが、まずはこの事業を全力で応援します。

 

よく親の経済状況と子供の学力の相関性がいわれます。学力と学習意欲は大きな関連性があると考えますが、学習意欲が少ない子供達の勉強に対するモチベーションを上げるためには何を彼らに伝えるべきか。もっと言えば子供達のなぜ勉強しなきゃいけないの?という問いかけにどう答えるべきか。

 

この部分に権利と義務の関係性を私は少し見たのですが、それはまた別の話。

 

憲法記念日、軍事のことも大事ですが、憲法の条文はいろいろあるので、他のことにも是非目を向けてみんなが議論できればなと思います。

 

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.