オフィシャルブログ official blog

メッセージボード

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20151117 都市環境防災対策特別委員会 

今回の都市環境防災対策特別委員会の議論の内容は児童の自転車交通ルール啓発の在り方についてと、福祉避難所の課題について。

 

道路交通法改正によって危険な自転車運転に対し罰則が設けられ、テレビ等で大きく取り上げられたことから、今非常に関心が高まっています。さて、今回は中学校で行う啓発について。吹田の中学校では夏休み前に非行防止のための特別授業を警察関係機関と協力して行っているのですが、交通安全については1校のみ。数校では非行防止の授業に併せて少しやっていたり、全校集会やクラスで担任が交通安全についての話をするということに留まっています。

 

だから積極的にやりましょう!!

 

と無責任に言うのはすごく簡単なのですが、ただでさえパンパンな学校のカリキュラム。さらにやりましょうよと言ってもなかなか厳しいものもございます。厳しいものがあるのですが、やはりそれでも無理をして行ってほしいというのが私の意見です。

 

毎日私は自転車に乗っているのですが、そこで思うのが、そもそも自転車交通ルールについての認識がない人が多いのではないかということです。例えば車道では左側走行をしなければならないとか、歩道を走る場合には歩行者優先だとか、ルールを知らなければルールを破っていても気づきませんし、改善のしようがないのです。ちなみに私もロードバイクに乗るまではほとんど意識できてませんでした。というかそもそも意識したことがなかったのです。

 

そういう状況を改善していくべきだからこそ、中学生のうちに自転車交通ルールについてしっかりと指導いただくことによって10年後や20年後には吹田市民の自転車マナーはいいという状況を作っていく取り組みが必要なのです。

 

福祉避難所については、様々な課題があがってきたため、担当者と避難所の連携を求めたうえで次回に引き続き議論となりました。

 

 

実は都市環境防災対策特別委員会。吹田市議会での今までにない取り組みをしているのです。というのは、今まで特別委員会は議論する内容を職員が用意し、それについて議員が質問あるいは要望するという、主導権が議員側にない委員会だったのです。それを今年から改善して議員が問題意識を持っている事項について議員同士で議論をし、課題解決のための具体的方策を委員会として要望や提案をしていこうという形になりました。

 

ポイントは議員が要望、提案するのではなく、委員会が要望、提案するということです。

 

どういうことかと申しますと、議員が提案しても36分の1でしかありません。しかし委員会が提案となると議会としての正式な意見、つまり36分の36の意見となるのです。理事者側からすると36分の1の意見をスルーしても問題はないという感覚をお持ちかもしれませんが、議会の意見をスルーするとなると、二元代表制の片方の意見を無視することとなり、地方自治体における民主主義政治においてどうなの?となるのです。

 

市長与党だったら(市長選挙を応援したら)意見が通りやすいとかのこれまでの地方議会にありがちだった二元代表制における悪しき習慣をなくす大事な取り組みなのです。

 

今回の都市環境防災対策特別委員会での取り組みは、新しい吹田市議会としての一歩であり、この仕事の感覚が常任委員会でも採用されることとなれば、議会がない時でも吹田の課題について委員会で議論ができることになるのです。

活性化

 

足立ノブログの新着記事

ブログ

2019年07月28日

政策会議

2019年06月21日

新規事業

足立ノブカツ公式facebook

足立ノブカツ

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.