オフィシャルブログ official blog

月別: 2015年6月

吹田の防災

今日の午前は
来週に開催される
都市環境防災対策特別委員会の
調整。


午後からは
インテックス大阪の
防犯防災総合展に
行ってきました。
{9072998B-7EFB-43E1-B724-7761FB9749E8:01}



防災対策は
議会でもずっと
提言してまいりましたが


民間の
新しい様々な技術を
知ることができたのは
本当に大きいです。



防災行政無線や
土嚢の新製品
災害時の連絡体制や
要援護者の把握など



技術でフォローできるものを
たくさん学んできたので



その知識も踏まえて
新たな政策を考えていきます。


誰のための仕事かということ

今日は
いろいろ相談をいただいたり
その調整をさせていただいたりと
とにかく人とお話する1日。



市議会議員の仕事は
市民の
『こうだったらいいのに』



ということを
形にしていくことでもあります。



このブログでも
何度もお伝えしていますが



吹田市の職員さんは
優秀です。



ただ、
いい仕事をしようとする中で
絶対に忘れていただきたくないのが



誰のために
何のために
仕事をしているのかです。



市の財産を
管理する部署においては
その適切な管理が
求められますが



本来市の財産とは
市民の財産。



部署のイメージする
適切な管理が
ややもすると
市民からすれば
ベストではない可能性もあるのです。



そんな時に
きちんと判断を下していくのが
市長の仕事であり



そこに意見をぶつけていくのが
私達議員の仕事。



職員さんに
守りの役割を果たしていただく中で
攻めの姿勢と
責任を取ることを
政治家ができれば



うまく行政は
進んでいくはず。



デスクの仕事と
現場の意見。



そのバランスを取れば
必ずうまくいきます。



我が事だけでなく
一歩引いて観る事を


市民も職員も
もちろん政治家もできれば
もっといい街になるなぁと
改めて感じました。



一つ一つの発言や行動が
『誰のため』なのか。
それをきちんと
自分で把握していきます。

会議会議会議

今日は会議会議の
1日。


本会議
都市環境防災対策特別委員会の打ち合わせ
議会報告会の打ち合わせ
吹田ローターアクトクラブの打ち合わせ。


今、吹田市議会が
変わりつつあります。


都市環境防災対策特別委員会も
議会から
市長に対し
議会という単位で
政策提言をするという
可能性が見いだすことが
できてきました。


議員が
ひとりひとり
個別に動くのではなく
きちんと
二元代表制という
制度のもと



市民の代表である
議会としての
意思表示をできれば
非常に強い力を
もつはずなのです。



今回
吹田市議会では
3分の1の
議員が入れ替わり


新しい流れができるはずです。



より良い
吹田市議会になるよう
私も
粉骨砕身で
気合いを入れていきます。



議会報告会も
次回日程が決まりました。
新しい取り組みを
考えながら
より良いものを目指します。


私たち議員は
もちろん市民の代表として
仕事をさせて
いただいてますので


時代の流れに沿いながら


それでも芯を持って
しっかり仕事を進めるべき存在だと
認識して
働いてまいります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.