オフィシャルブログ official blog

メッセージボード

【吹田つばめ学習会】

【あだちくらぶ⑪feat.P×P square~代議制ってなんだ~】

日時9月3日(土)13:00~15:00 
場所
千里山コミュニティセンター 創作室
参加費
無料

どなたさまでもお気軽に

【寺子屋関西 20代の大塩平八郎】

日時9月23日(土)17:00~18:30 場所茨木神社参集殿参加費500円
久しぶりに足立が講師をします!
参加希望の方はご連絡を nobukatsu.adachi@gmail.com

立派な人を目標に生きていきましょう

【糸田川は蛍がいる川プロジェクト】

日時
少々休止中です
場所の詳細はこちら

参加希望の方はご連絡を nobukatsu.adachi@gmail.com

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成24年9月定例会 財政総務委員会2日目 審議会について

2日目の審議のうち

4つの条例案

市議会議員は

市長の諮問機関である

審議会から外すというものです。


吹田市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定について

吹田市情報公開条例の一部を改正する条例の制定について

吹田市消防表彰条例の一部を改正する条例の制定について

吹田市消防職員等の賞じゅつ金に関する条例に関する条例の一部を改正する条例の制定について


この4つの条例案。



結果から言うと

消防関係の下2つは

民主党のみ反対で可決


上2つは

継続審査

(継続審査とは

 現段階では判断が下せないため

 次回の定例会まで採決を延期すること)




どちらにも言えることですが

市長当局側が

ずっと言い続けているのが

二元代表制の原則に立ち戻る

ということ。




僕は

議会改革特別委員会に置いて

議員の審議会参加の取りやめを

議題に上げようとした経緯があるので

(結果的に議会改革特別委員会独特の少数決

 議題にあげることすら却下されましたが

審議会から議員を外すことには

賛成の立場です。




議案をあげてきた

市民生活部が

二元代表制、二元代表制と

鬼の首をとったように

主張する割には

なぜ二元代表制だから

議員が審議会に入るべきではないかということについて

きちんとした理解をされていないことが

二元代表制の一翼を担う議会を構成する

一議員としては

軽々に二元代表制という言葉をはかれることに

腹が立ちましたが。




私の考えは

市民から選ばれた市長は

よりよい市政運営を行うために

市職員を活用し

予算や施策(ときに条例という形)を作り上げます。



けどそれは時に

吹田市にとってどうなのかというものもあり

(市長は市民に選ばれているけども

無投票以外はやはり一部の市民の代表でしかない

今回の吹田市でいえば

投票率49%

井上市長の得票率40%から計算すると

市長が代表する意見は

有権者の20%でしかない)




それが吹田市にとって良いものかどうなのか

しっかりと議論することで判断し

議場における採決において

賛成反対を多数決で決め

市議会としての結論を出すことが

憲法で議事機関と定められた

市議会を構成する市議会議員の

もっとも重要な仕事と考えます。

(一人の市議会議員が代表する市民の

パーセンテージは

1.41%~8.57%ですが

36人合わせると得票率88.86%

市議会が代表する

有権者の43%となる)



だから

市長与党とか言って

市長の出す案件に

なんでもかんでも賛成することは

二元代表制には反するし



市長が提案する政策の

立案段階において

市長の諮問機関に入り意見を出すことで

後の議決において

自らの行動を制限することや

自分たちが意見を出して作ったものを

自分たちでいいものかどうなのか

判断するということが

二元代表制に反すると考えるのです。

(審議会に入ることで得られた情報は

審議会を傍聴すれば得ることができますし)




簡単に言うと

審議会に入って

政策立案に協力することって

市議会の仕事ではないでしょう

ということなのですが。




市議会議員の仕事は

チェックとか政策立案とかも

言われていますが

メインの仕事はやはり

採決です。

それを根本に構えておくと

わかりやすいと思うのです。




あくまでこれらは

いろいろ勉強して得た

僕の解釈であり

吹田市を構成する他の議員は

また違う考えを持っておられると思いますし

いろんな考えを持った36人が

議会を構成することが

民主主義の意義だと

思うのです。



足立ノブログの新着記事

ブログ

足立ノブカツ公式facebook

足立ノブカツ

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.