オフィシャルブログ official blog

メッセージボード

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国視察 その2

初日は移動日ということで

大阪から羽田

羽田からデトロイト

デトロイトからワシントンと


2日間かけて

たどり着きました。




ワシントン記念塔

世界最大の石碑だそうです。



本格的な視察は

月曜日からで

到着した土曜日は

世界最大級の

スミソニアン博物館を

見てきました。



スミソニアン博物館

様々な種類の博物館があり

今回は3種類見てきました。





ひとつめは

ホロコースト博物館

ナチスドイツのユダヤ人迫害を

扱った博物館です。



個人的には

ホロコーストに限ることなく

ジェノサイドというくくりで

チベット・ウイグルや

ネイティブアメリカンや

アボリジニー

東欧やアフリカのことも

扱うといいのになあと

思いながら見ておりました。






ふたつめは

自然史博物館






とにかくスケールがでかくて

驚かされっぱなしです。

見せ方も非常に素晴らしく

2時間あっという間に過ぎてしまいました。

(とても2時間では見切れない規模・・)





3つめは

ネイティブアメリカン博物館


ネイティブアメリカンの文化や芸術

そして今の生き方にスポットがあてられています。




博物館に来て

様々なことを考えます。

子供連れの方もたくさんいて

親が子にいろいろ教えている姿を見て

素晴らしい教育施設だと感じました。

ちなみにすべて無料です。





博物館をみていると

どうしても

9月にオープンする

吹田市の平和祈念資料館のことを

考えてしまいます。




現在ある平和祈念資料室の

延長線上ではなく

新たな価値観で

子供たちに戦争について

しっかりと考えていただく場に

していただきたかったのですが

雲行きが怪しくなっているように感じます。



監修に携わった専門家は

歴史が専門ではない

市立博物館の学芸員とのことです。



市立博物館も

集客に苦労されているのに。。。



できるまで

どうなるかわかりませんが

年間3千万円の税金を使う

価値があるものができるのか

厳しい目で見なければなりません。




資料館や博物館を作るときは

プロに任せなければならないと

スミソニアンを見て

本気で感じました。






足立ノブログの新着記事

ブログ

2019年07月28日

政策会議

2019年06月21日

新規事業

足立ノブカツ公式facebook

足立ノブカツ

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.