オフィシャルブログ official blog

メッセージボード

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

竹田研究会 インターン報告

3月6日
私が今村塾で
議会質問についての
アドバイスをいただいている頃



インターン生は
竹田恒泰先生
講演に行ってきてもらいました。


普通に学生をしていたら
なかなか行く機会のない講演にも
ばんばん送り込んで
いろんな考えを知り
価値観を作っていってもらいます



今回は
1人で送り込んだのですが
しっかりと学んできてくれました。


徐々に
行動的かつ積極的になってきました。
私も負けてられません。


以下インターン報告です


寺川祐太郎

竹田恒泰先生とは、
明治天皇の玄孫に当たる方で
つまり旧皇族の方です。


今日、どんな内容について講演されたかと言うと、
原発について
最後に古事記についてです。



先月末に
原子力発電所の視察に行った私ですが、
そこで聞いてきた事とは
全く逆のことを聞くことができました。



竹田先生は
原子力発電所なんか
必要ないとおっしゃっていました。


その理由は、まずは日本には
最先端の火力発電の技術があること、
次に昨年の大震災の影響で
原発が停止していても、
足りないと言われた電気も
足りていたということです。


さらに建設費やその他費用などを含めても
火力発電の方が圧倒的に
安くつくということでした、



先生は5年以内に
原発を廃止するべきとおっしゃっていました。



古事記については、
中には誇張表現や
あり得ないことも含まれてはいるが、
日本人にとってのルーツであるとおっしゃっていました。



今日読んだところは
大穴牟遅神が根之堅州国から
帰還するところで、
全く読んだこともなく
途中から読んでいた私でも
内容がよくわかり非常に面白いと感じました。



今日の講演会を聞いて、
特に原発については
前に聞いた話とは
全く違った内容でありすごく衝撃を受けました。



ただ原発を廃止するべきということを、
論理的に説明してくださったので
すごく納得することができました。


 
だが、原発周辺の地域では
原発は大きな雇用の場になっています、
もし仮5年以内に
原発をすべて廃止したりすると
そこを働く先にしていた人たちは
どうなるのだろう
と疑問に思いました。



物事は見方次第で
大きく見え方が変わり、
聞いたことがすべて正しいとは
思ってはならない
ということが
よくわかった講演会でした。

足立ノブログの新着記事

ブログ

2019年07月28日

政策会議

2019年06月21日

新規事業

足立ノブカツ公式facebook

足立ノブカツ

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.