オフィシャルブログ official blog

タグ: 吹田市

防災訓練

15日は吹田市自治会連合協議会合同防災訓練の日でした。午前9時半に上町断層帯を震源としたマグニチュード7.5の直下型地震が発生。市全域で震度6強、一部地域で震度7の大地震に襲われた。という想定で家庭や地域で防災訓練を行います。寒波の影響で開催自体は各自治体に任されています。

例年私は消防団員として、毛布での簡易担架の作り方や水消火器の使い方、時にはジャッキを使った瓦礫からの救助方法などを伝えていたのですが、今回は寒波の影響で中止となりました。

ので、妻と一緒に住んでいる自治会の防災訓練に行くことに。9時半に大地震が起こったと想定すると、家具の配置や避難経路、防災備品の置き場などを改めて考えることになります。特に避難経路(というほど家が広いわけではないですが…)にコップやお皿の割れた破片が散らばる可能性がひじょうに高いのでスリッパの位置が大事だなと改めて実感しました。

大災害の時、特に発災直後は行政にできることには限界があり、まずは家庭での備え。そして地域での助け合いが大事です。今回ありがたいことに改めて真剣に考える機会となりました。

吹田市役所の職員も訓練を行っていて、課長代理級以上の職員参集率96%、安否確認99.2%と高い数値を出してくださっています。当日提示の訓練もあったということで、やはり実際に発災を想定して取るべき行動について考えておられます。

ちなみに議員も安否確認を行うのですが、いただいたメールに気付かず議会事務局の職員さんに電話をいただく手間を取らせてしまいました。反省です。

家庭での確認のあとは指定緊急避難場所である南吹田公園のグランドに。グランドではバケツリレー、簡易担架、水消火器、防災備品の展示、救急救命講座が行われていました。多彩なメニュー!意識が高いですね!

 

よく言われることですが、いざという時の助け合いのことを考えるとやはり普段からの地域の繋がりが大切。特に若い世代の地域への参加が課題ですが、この点を打開できる議員になります。どうやって?というのは一緒に考えましょう。

 

 

平成29年成人祭

9日は成人祭が開催されました。

wp_20170109_11_21_14_pro

毎年思うのですが、新成人代表の言葉、とても素晴らしい。20歳の頃の僕には到底書けそうにもありません。

いつも来ている議員を全員紹介するので長時間に及び、大丈夫なのかな~という心配があるのですが、せっかくなので「ご成人おめでとうございます」という通り一遍のあいさつではなく、毎年得意のでかい声でメッセージを送るようにしています。

平成24年はこちら
平成26年はこちら

他の年は残念ながら記事を書いていませんね(>_<)

今年はなんと市議会議員全員が壇上に上がるという演出。
今回成人の皆さんに伝えたメッセージは

 

これからの日本を創るのは僕達若い世代です。
一緒に楽しんでやっていきましょう。

 

という言葉。他の議員さんから「足立君、若いっけ?」というつっこみをいただきましたが31歳はまだまだ若いでしょう◎

 

毎年同じようなメッセージを送っているような気もするのですが。もし20歳の自分に今の自分が言葉を贈ることができたとしたら、、、

 

成人式の頃の僕は、19歳の時にバイク事故で命を落としかけ、ようやく体が本調子に戻りドクターストップを聞かずラクロスに復帰した時期。中学受験から始まり、新興の進学校だったので厳しいスケジュールのもと、ただただ言われるがままに勉強し、あまり深く考えず大学に入学し、ようやく自分が好きで打ち込めるものを見つけたころ。

自分で選んだことに対して、本気で全力で打ち込むということを初めてしている頃でもあり、その時の自分がいるから今の自分があると思うと、あまり言ってあげられることも思いつきませんし、たぶん頑固な性格なので聞いてくれないだろうなと思います。

それを承知で言うとしたら、「感謝の気持ち」は死にかけてようやく手にいれている頃かなと思うので、「一歩踏み出す勇気を、ほんのちょっと出してみたら」という事くらいかなと。何かをしてみたいと思っても、なにかしら理由をつけてやらなかったことが多かったのではないかなと思います。口だけで行動しないタイプ。若いくせに今の僕の100倍くらい現状が変わることを恐れていたような感じがするので、迷ったときは「やる」を選んだ方がいいよ~。という事を伝えてあげることができたらなぁと。たぶん聞く耳をもちませんが。

そうか、「素直になりなさい」も大事ですね。今の僕にも必要な言葉ですが。

 

これから時代が大きく変わります。とはいえ、時代はずっと変わり続けているものですし、戦争に負けて70年、一つ世代が生まれて寿命を迎える時期に差し掛かっています。思えば戦後すぐの方が今より圧倒的に大変な時代だったでしょうし、今の当たり前とされていることはたった三十年くらいの現象。

今までの常識やあたりまえが崩れ去っていく中で、変わらず大事にすべきものと、変えるべきものとがあります。そんな中で変わらず大事にすべきものをしっかりと持てる人こそが次の時代を引っ張るのだと私は信じています。

とはいえ、成人の皆さんにも言いましたがどんな環境であっても、なにより「楽しむ」ことが大事。難しいことを考えながら、楽しんでやっていきましょう。

 

 

 

平成29年出初式

8日は消防出初式が開催されました。私は消防団に所属しているので毎年団員として出動させていただいております。

image_865475a

 

今年は雨が降っていたのでポンプ操法訓練など当日の進行がいくつか流れてしまいました。残念。整列時の寒さは毎年ですが、雨がなかなか応えます。とはいえいざというときは寒いとか言っていられない場合もあるのでこれはこれで。

image_4927903

放水訓練の場面です。色水が綺麗でしょうか。放水は圧に耐えるためにパワーがいるので、しっかり鍛える必要があります。実際に火事の現場に出たときも放水に加わると消えるまで出し続けるのでハード。

image_629b9ac

放水後列。右から3番目はよく見たら僕です。写真はすべて泉井議員が撮ってくださいました。ありがとうございます。

日頃からいろいろな立場で物事を見ることが大事だと感じているのですが、今回もリーダーシップについて学ぶことができました。リーダーは組織の人達の心を掴むことが大切。そのために自分の振る舞いを相手がどう見ているか、どうすれば自分の心が相手に伝わるかをしっかりと考える必要があります。一事が万事、何気ない態度に出てしまうものだなと。

今回は雨の中の出初式という特殊な環境に身を置けたからこそ様々なことを感じることができました。しっかり訓練に励み、いざというときに備えます。

 

1 2 3 4

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.