オフィシャルブログ official blog

カテゴリー: 議会

平成28年3月定例会福祉環境委員会2日目

福祉環境委員会2日目の審議は
こども部所管分。

 

今定例会で最も議論されたのが
待機児童対策問題。
保育所にこどもを入れたいという方に対し
1次選考で1018人に不認可通知が出たということで
マスコミに大きく取り上げられました。

 

さて、ここで

 

吹田市は待機児童対策しろ~~!

 

と言うことは簡単なのですが
そもそもこども部としても待機児童対策はしたいと考えており
すでに様々な対策もしているので
そんなことを委員会で言っても
「今後も待機児童を減らすことができるよう対策をしてまいります。」(すでに全力でやっとるわい)
という答弁をいただけるだけなので


現状の課題がどういうもので
なぜその課題解決ができないのかを明らかにし
課題解決ができない理由をなくさなければなりません。

 

前提として市はどれくらい待機児童対策をしているのか
ということですが

 

平成28年度4月の受け入れ可能児童数が
2481人

平成27年度は
2108人

ということで
この1年で373人受け入れ児童数を増やしています。
これはなかなかの数字です。
実は1件設立予定だった保育所が諸般の事情で中止となったため
ほんとはさらに120名程の受け入れ可能体制を作ることもできたのです。


平成24年度は
1581人
だったことを考えれば900人も増えています。
(国の制度変更により認可外保育所が小規模保育事業というものに変わったことも大きな影響)

 

ということで既に待機児童対策は全力でやっています。

 

それでも今回の問題が起こったので
私が委員会で確認した点は
まず、今回の不認可通知発送数が市の想定内だったかどうかという点です。

 

実は市は保育需要の増大への対応として
吹田市子育て支援事業計画というものを立てています。
というより国から立てさせられています。

今回の問題がこの想定を上回っているのであれば
マスコミがいうように
開発に伴って子育て世代が増えることを考えていなかった~
ということになるのですが
需要については

 

想定内

ということです。

 

となれば想定する需要に対して
なぜ対処できていないのか、という問題です。
今回不認可通知を出した方の地域を見れば

JR以南          53名
片山・岸部       107名
佐井寺・千里山    157名
豊津・江坂・南吹田  193名
山田・千里丘      266名
ニュータウン       235名

という状況です。
その中には4月以降に開設する小規模保育施設などで吸収できる地域もありますが
特に問題となっているのが南千里地域。

民間で土地を買って保育所整備
あるいは小規模保育事業を行うことが物理的あるいはコスト的に合わない地域です。
この地域に関して対策を打たねばということで

 

私の提案としては
南千里駅前のニュータウンプラザを是非使ってほしい。
ということです。

 

千里ニュータウンプラザは
複合施設であるにも関わらず
複合施設としてのメリットを生かすことができていないということを
かねてより指摘しております。

 

特に今回組織改編で千里再生室がなくなることに合わせて
2階の一番よい所にある
千里ニュータウン情報館の在り方を考え直さなければなりません。
目的と費用と事業効果を検討して
縮小が決まるのであれば
そこをよりニーズが高く緊急性の高い
小規模保育施設あるいは
送迎保育ステーション(一旦親から預かり余裕のある保育施設にバスで送迎する)
にすべきと要望しております。

 

と、ここまで書いてきましたが
これまでの市の保育施策と今回のマスコミ報道と市長の保育力緊急強化宣言を鑑みて
要はどこまでやるかなのです。

 

報道のしかたをみると
待機児童が1000人以上も出ているというように見えますが
これはあくまで1次選考の不認可通知の数。
待機児童の数とは別です。


がっつり税金をかける、あるいは保育の質を落として
この不認可通知の数を減らすのか
あくまで市としてカウントする待機児童の数を減らすのか
市としてどのような保育状況とするのかを
考えなければなりませんがそれはまた改めて。

 

要は

待機児童対策しろ~

って委員会で言っても何の解決にもなりませんよ
というお話でした。

 

 

平成28年3月定例会 福祉環境委員会初日

大事な大事な3月定例会
福祉環境委員会初日は環境部所管の議論となりました。

 

私の中で最も大きいのは南吹田地下水汚染対策事業の進展。
この案件については私が議員になってからの大きな案件のひとつであり
議員としての姿勢が問われた一番はじめの事業です。

詳細はこちらhttp://www.nobu8.jp/gikai_201309/
議会質問
でわかりやすく議論したつもりなのでお時間ある時にぜひ一度ご覧ください。

top_gikai01

要は、私の地元の問題でもありずっと要望してきたけれども
いざ事業化為されると34億円もの事業費があがってきた。
かつ市が全額負担で、しかも浄化できる可能性も不明確だと。

 

これに対して非常に悩んだ結果全力で反対し
予算修正案を提出して事業を止め
地元企業にも浄化の責任を追及すべきと言ってきました。

 

担当の職員が非常に力を尽くしてくださり
地元企業も浄化の費用負担をするという
最終合意の目前まできており
今回浄化の予算が提案されてきました。

 

 

ほんとによかった。

 

最終合意に至ることを心から願っております。

 

 

平成28年3月定例会 個人質問

3月10日に個人質問をいたしました。

IMG_1799 (640x427)

 

今回は
1、新規・拡充事業の政策決定方針について
2、人材育成の基本方針および政策推進に必要な人材確保手法について
3、待機児童が深刻な地域への対策について
4、在住外国人市民支援に向けての体制整備について

という項目です。
日南市に視察に行った際の学びも入れながら、新年度予算の方針や吹田市が抱える課題について質問いたしました。

 

とくに今回、新規・拡充事業が非常に多いのですがその中に必要性や緊急性に疑いのあるものもまぎれています。
行政の仕事というのは、基本的にキリがありません。財源に限りがある中でいかに優先順位を決めて合理的・効果的にやっていくかが市長の腕のみせどころです。前の井上市長は財政健全化という一面のみから見ればリスクを背負って様々実施された点で評価いたしております。ただ、手法や基本となる哲学の部分で相いれなかったので最終的に折り合いをつけることができず不信任を出すにまで至りましたが。

 

ということで今回、一定市長に基準を持ってほしいという要望も込めて質問をいたしました。各論については委員会での議論となります。

 

人材育成や確保についてはまさしく日南での学びをフルに入れました。吹田市には非常に優秀な人材がたくさんおられます。能力を伸ばし、発揮できる環境の整備こそが大事です。ここは公務員を単にコストと見るか財産と見るかという部分で方針が変わるのですが、基本的に私は職員は貴重な財産であると考えます。というのも政治家がいくら政策を並べようとも、実際に具現化し効果的なものとして実施していくのは職員です。必要最低限さえやればいいという考えだとコストになりますが、限られた資源の中でよりよい施策を展開しようと思えばやはり職員が大事。

また多様化するニーズの中で職員に非常に高い能力が求められます。その人材確保策として、吹田市は非常勤職員採用をしようとしていますが報酬の面で理想の人材確保が非常に難しいと考えます。日南市では個人への業務委託という形を取り、公務員の職務体系に縛られることなく優秀な人材を登用できるということで、有用な政策です。まちづくりなどで実施すべき方策だと考え提案しています。

 

待機児童対策については、特に南千里地域が土地取得の観点から大きな課題があるので千里ニュータウンプラザの活用を求めました。今回は具体的にどの機能を廃止すべきかまでは述べませんでしたが、保育力緊急強化宣言というものを市長が述べられたので、酌んでいただければと思います。

 

在住外国人支援では、吹田市はまず200万ちかく予算をかけてアンケート調査をして指針を立てると言っているのですが、そんなことをしなくてもニーズはくみ取れるし、まず一番大きな壁である言語の問題の解消のための通訳事業。これを解決しようという提案をいたしました。

学校や保育園、市民課の窓口、福祉と行政において日本語が得意でない外国籍の方と接する場面は多々あります。現状通訳予算が足りなかったり、そもそもついていなかったり、なんとか個人でフォローしたりと、ぎりぎりでやっていますが、一括して予算を取り対応できる体制を整えるべきと考えます。これは職員にとってのみメリットがあるだけでなく、日本語が得意でない外国籍の方もそこに連絡すればなんとかなるという環境を整えることができるので、双方にメリットがあるはずです。

 

今任期のテーマは、駄目だと思う予算執行を止めるだけでなく、吹田市がよりよくなるための政策提案もガツガツしていくことなので、力を尽くしていきます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 55

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.