オフィシャルブログ official blog

カテゴリー: 議会

20121126 11月臨時議会

そして本日

臨時議会が開催されました。



議案は

百条委員会の設置についてですが




私たち

吹田新選会は

緊急動議で

市長の不信任案

提出いたしました。




百条委員会で

真相の究明を

図る一方で




市長の政治家としての

道義的責任を

追及する義務が

私たち市議会議員にはあります。




市長は

イシン改革として

様々な支出をカットしてきました。




子供にツケをまわさないという

政治信念を持つ私は

持続可能な財政の為

あるいは教育費の捻出の為

支出の方向性をシフトしていくことには

賛成です。



また

市が必ずやらなければならないことと

そうでないことをしっかりと分け

民営化の推進や

指定管理の導入

事業の廃止等で

将来的なコストを削減する必要性を

感じているので

公務員改革をはじめ

行政のイシンの方向性にも賛成でした。


但し、

本俸の平均給与の値上げや

退職金を値上げするなど

言行不一致がありますが。




サービスカットについては

市民の方から

やめてほしいという

たくさん陳情もいただきながら

議案になるものについては

賛成してきました。





しかし

議会でいくら聞いても

出てこない

削減の先の吹田市のビジョン



今、大きな分岐点に

立たされている吹田

どうするのか。



幼児教育の重要性を考え

福祉と教育の溝を超え注力するのか


小中の教育環境を整え

公立でもしっかりとした学力がつくということを武器にするのか


高度医療を集積し

どこにも負けない医療体制を作るのか


障害を持つ方にも優しい街にするのか


ベッドタウンでありながら

地域の絆を作り出す街にするのか


交通インフラを生かして

商業をもっと発展させるのか


万博を生かして

芸術や文化に力を入れるのか


江坂と阪急吹田、岸辺、万博を

交通で繋いで吹田を一体化させるのか


ガンバ大阪と協力して

スポーツ推進自治体になるのか




この吹田は

無限に可能性があるのです。




にもかかわらず

出てきたのは

こんな不祥事。





市長になって

やりたかったことが

こんなことなのですか



まだ私はひよっこの政治家ですが

その姿に正直言葉を失います。





これから

南吹田や操車場跡地

万博周辺地域の開発や

市民の財産の土地の処分の話も

出てきている中で

信頼して任せられません。




イシンの会に対しては

迷惑をかけたとして

顧問を辞職

会を脱退されたのならば




市民にも迷惑を

かけておられるのですから

市長を辞職されるのが

筋ではないでしょうか




私たち吹田新選会は

今回緊急動議という形で

不信任案を提出しました。



提出の方法や

さまざまなことを

指摘され

最終的には流会になり

採決されませんでしたが



私たちは

自らの首をかけてでも

道義的責任を問うているのです。
その覚悟をご理解いただければ幸いです。




百条委員会の委員は

吹田新選会からは

私が務めさせていただきます。




全員協議会では

神谷議員が

臨時議会では

山口議員が

議会運営委員会では

後藤議員が

闘ってくださいました。




いよいよ私も出番です。

しっかりと役割を果たします。

20121119都市環境防災対策特別委員会

19日は

都市環境防災対策特別委員会でした。




今回の協議案件は

①南吹田地下水汚染問題について

②都市計画道路の廃止予定について

③防災に対する取り組みについて

の3点です。





都市計画道路の廃止については

今回

市の計画分と

府の計画分が上がってきましたが

建築制限や地価等

個人の財産に

大きな影響を

与えることから

慎重に進めなければなりません。




市の廃止予定部分は

千里丘豊津線の一部 1.41Km

(朝日が丘から出口町)

南正雀吹東線 0.27Km

(南正雀4丁目から川園町)


府の廃止予定部分は

豊中岸辺線の一部

南千里岸辺線

大阪高槻京都線

上新庄神境線

春日豊津線

服部西ノ庄線

です。



市の案については

12月にパブリックコメントが

募集されるので

異議のある方は是非意見をください。




南吹田地下水汚染の件は

浄化計画の策定が

大分遅れているようです。

立体交差道路の工事等も

始まっているので

泉浄水場が汲みとっている

地下水に影響を与えないよう

正確な対処を取っていただく必要があります




今後のタイムスケジュールを

伺ったのですが

来年度の当初予算に

あげることは困難です。




浄化には何十億円という

巨額の予算がかかるので

しっかりとキャッチアップして

効果的な

浄化作業に取り組んでいただくよう

求めていきます。





防災については

危機管理室の職員さんが

少ない人員ではありながら

懸命に取り組んでくださっています。




液状化への対策や

津波浸水地域への対策など

求めるべきものは

まだまだありますが



できることから

一歩ずつしてくださっているので

僕ら市民も

自分たちの身を

自分たちで守れるよう

対策をうっていきましょう。



危機管理室は

一定期間防災に特化して

予算をしっかりつけて

2~3年で

最低限の枠組みを

一気に作ってしまうべきだと思うのですが。。。




市長の

優先順位が

いまだ見えてきません。

20121115 議会改革特別委員会

15日は議会改革特別委員会



昨年度から

委員を務めて

今年は副委員長を

おおせつかっていますが




議会改革

正直なかなかすすみませぬ。。。




原因は

議会改革特別委員会と

議会運営委員会との

立ち位置がはっきりしないこと



議会改革特別委員会が

強引な多数決をとらないということを

前提として作られたため

実質少数決となってしまっていること




会派の代表として

委員会に参加している議員のうち

会派の責任と権限をもたせてもらえていない方がいるため

ことあるごとに

持ち帰り事項となってしまい

なかなか議論が前に進まない




などなど

小声で愚痴りたいことは

たくさんあるのですが

言っていても始まりません。




自分から始めるという

気概を持たなければ。





このままでは

議会改革特別委員会

せっかく設置されたのに

決まったことは



議会のインターネット中継の導入

質問時間の変更

一問一答形式の導入

対面形式の質問の導入

だけとなってしまいます。




それはまずい。




審議会への参加取りやめも

結局市長権限で決定されたし



報酬等についても

このままいくと

報酬審議会の上程をもとに

議案として市長サイドに出されて

議会としてのまとまった対応が

結局出せずじまいに

なってしまいそうだし。



もっと議会が

有機的に

能率的に

動ける形を

1期目の僕だからこそ

考えられるものを

しっかりと勉強して

実現していかなければ。




なにかしら

アクションをとっていかないと

せっかくの委員会が

非常にもったいない。



なかなか

議会改革の本質の議論というのが

難しいので

もっと勉強して

自分からプレゼンできるように

なろう!




拙速な判断をしないことが

民主主義のいいところでもあるけど

限度があります!



動くぞ~~!!






1 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 55

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.