オフィシャルブログ official blog

カテゴリー: 火(活動)

平成29年出初式

8日は消防出初式が開催されました。私は消防団に所属しているので毎年団員として出動させていただいております。

image_865475a

 

今年は雨が降っていたのでポンプ操法訓練など当日の進行がいくつか流れてしまいました。残念。整列時の寒さは毎年ですが、雨がなかなか応えます。とはいえいざというときは寒いとか言っていられない場合もあるのでこれはこれで。

image_4927903

放水訓練の場面です。色水が綺麗でしょうか。放水は圧に耐えるためにパワーがいるので、しっかり鍛える必要があります。実際に火事の現場に出たときも放水に加わると消えるまで出し続けるのでハード。

image_629b9ac

放水後列。右から3番目はよく見たら僕です。写真はすべて泉井議員が撮ってくださいました。ありがとうございます。

日頃からいろいろな立場で物事を見ることが大事だと感じているのですが、今回もリーダーシップについて学ぶことができました。リーダーは組織の人達の心を掴むことが大切。そのために自分の振る舞いを相手がどう見ているか、どうすれば自分の心が相手に伝わるかをしっかりと考える必要があります。一事が万事、何気ない態度に出てしまうものだなと。

今回は雨の中の出初式という特殊な環境に身を置けたからこそ様々なことを感じることができました。しっかり訓練に励み、いざというときに備えます。

 

ソリューションフォーカストアプローチ

5日は神戸ブリーフサイコセラピー研究会にお邪魔してきました。ブリーフサイコセラピーとは心理治療の分野の一つで悩みを持つ人の資源を最大限活用し、過去よりも現在や未来に目を向け、そもそも原因よりも肯定的側面に目を向けて解決を導き出すというもの。心を悩ませる問題はあるけれども一旦置いといて違うアプローチで解決した状態を導き出すというもの。

だと、思います。私も初めてですからどうかご容赦を。

10月から始めました「吹田つばめ学習会」(いいね!お願いします)ですがその兄貴分の阪神つばめ学習会の庄司代表からご紹介いただいて新たな分野の勉強を始めることになりました。

14890429_1110288485733517_2518347724361633631_o

 

今回のテーマはソリューションフォーカスドアプローチ。何か問題が起きたとしてその解決をするのが普通のアプローチですが、これはそもそも問題については目を向けず、ひたすら解決した状態に目を向けていこうというアプローチ。(のはず)

夜に寝られない人が、寝ようと思ってよけい緊張して寝られなくなることを「偽解決」というそうなのですが、問題を解決しようとすること自体が新たな問題を生むことがあり、問題に対して逆に目を向けないという斬新な方法。

始めに理論を教えていただき、先生によるお手本を拝見した後、グループワークで実践するという流れ。いや、めっちゃおもしろかったです!なんとなくわかるようなことを理論的にご説明いただくと非常に理解が深まります。そしてこういう場にお邪魔すると普段なかなか会うことがない方々にお会いできるので非常に新鮮!引き続き学びを深めていきます。

 

 

 

足指の使い方で人生が変わる

5日に泉大津市で12月18日に行われる市長選挙に出馬表明された南出賢一議員が主催の勉強会に行ってきました。

内容は前から伺っておりずっと気になっていた、足の指の筋肉に着目した健康法。講師はコンディショニングコーチの森部昌広先生とフィットネスを併設した整形外科クリニックの院長橋間 誠先生。

image

 

森部先生には骨格や体のつくりの観点からつま先から歩くことの大切さや、スポーツする際のつま先の重要性についてお話いただきました。また足指に力をいれることによる筋肉の動きからもその重要性を理解しました。

正しい姿勢、正しい歩き方を身に付けることによって、歳を重ねてからもいつまでも元気で歩き続けることができるとのことです。また一度杖に頼るようになった方でも足の指を中心とした足裏の筋肉をトレーニングするだけでまたしっかり歩けるようになるとのこと。すごい。

是非一度座って足を地面につけたときに足の指がきちんと床につくか確認してみてください。

橋間先生からは整形外科を受診される方で本当に整形外科の受診や施術が必要な方はたった1割という衝撃的な話を伺いました。実は慢性的な痛みは心の病から来ることが多く、どれだけ痛み止めや原因と思われる部分を手術しても痛みがひかなかった患者さんが抗うつ剤を処方することで一気に治るという事例を挙げていただきました。そして心と体の関係性から正しい姿勢を若いころから身に付ける大切さ、足指にグッと力を入れることにより体幹を安定させることの大切さを伺いました。

 

吹田市では「幸齢社会」という、歳を重ねても元気でいただける自治体を目指しています。いろんな手法がありますが、転倒防止や体の部位に負担をかけない姿勢維持についてもみんなで勉強できればと考えています。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 119

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.