オフィシャルブログ official blog

カテゴリー: 歩いて行こうお伊勢さん

歩いて行こうお伊勢さん その6

朝6時過ぎに目が覚め

もろもろの準備をし

7時に朝ごはんを

ご用意していただきました。






なんとおせち料理!!!


と、お雑煮!!(・o・)




今年は食べられないと

思っていただけに

とても幸せな気分。




長谷寺の

早朝のお勤めに行かれてはどうですか

と、おすすめいただいたのですが




足立にそんな余裕はなく

電車に乗って







戻ってまいりました。

帯解駅。



でかいリュックは

大和屋さんに

置かせていただいたので

とても身軽!!





ここからしばらく

平地でございます。






朝の光がとてもきれい。






のどかな道が続きます。




こんなゆるい看板も。





しばらく歩いていると



大和神社でお焚き上げ!!





お神酒をこんなおしゃれなおちょこで

いただきました。






大和神社は

大地主大神をご祭神とされるお社で

戦艦大和の守護神としても

祀られていたそうです。



ちなみに

ご創建は

崇神天皇の御世

2000年以上前

ということで

ものすごい歴史です。




境内には

戦艦大和記念館もあり

また来たい場所です。






雪がちらつく中

天理を抜け




もくもくと歩くと




大神神社の大鳥居!!



この大鳥居、高さが32メートル

もあるのですが

なにより驚きなのが

その耐久性。





なんと1300年!





1300年後まで残るものを

作ろうとする

その意識の高さ。




なにより

1300年前の

日本人すげーーーー(・o・)

って

1300年後の人たちは思うことでしょう。




三輪山に

登りたいのは山々ですが(やまだけに)

そんな余裕足立にはなく




もはや大神神社の

境内にすら入ることなく

もくもくと歩き





その後

大きな通り沿いのお店で




大好きな

大好きな

柿の葉寿司16個入りを買い




さらにもくもくと

歩いたところで






ついに帰還

長谷寺。





とても立派なお寺さんです。

中まで入ってませんけど。。。





大和屋さんに戻ると

お昼御飯もされているということで

ごちそうになりました。






にゅうめんと炊き込みご飯セット。



座敷なので

少しくつろいでいると



女将「少し遅かったですね」



というストイックなお言葉(・o・)




いや、ほんとに優しい女将さんなんですよ。




帯解駅出発 8時25分

長谷寺到着 13時

距離約20キロ


大和神社でのお神酒飲む時間

柿の葉寿司を買う時間含む。



歩いて行こうお伊勢さん その5

奈良市内を

けっこうな雪の中

もくもくと歩く足立は

とても大事なことに気がつきました。



今、夕方の5時すぎ。

今日宿泊予定地は初瀬。

あと約30キロくらい。

宿には7時半到着と伝えている。






間に合うわけない(・o・)






いやもう

何を考えて7時半到着と

思っていたのか。





というわけで

宿に連絡。





足立「今日予約した足立ですが、到着が遅れてしまいます」



女将「雪ですもんね~、お客さんお車でお越しですか?」



足立「いや、歩きです。」



女将「電車ですか?」



足立「いや、歩きなのです。」



女将「…」



足立「大阪から歩いているのです」



女将「いまどちらですか?」



足立「奈良駅付近です」



女将「そこから半日かかります。」



足立「たしかに」



女将「…電車でお越しください」



足立「いや、でもあるい

女将「電車でお越しください」





というわけで、

宿に迷惑をかけることができないということで

電車で行くことに。




ここで足立に

葛藤が生じます。




奈良から初瀬までは

電車で行って

明日初瀬から出発するか。




電車で初瀬まで行くけど

もう一度こっちに戻ってきて

歩き直すか。





2日目の

宿泊予定地を

考えながら




そして

到着予定時刻も考えながら





出した結論は







全部歩かなきゃ意味がなくない?







ということで

明日初瀬からこっちに

戻ってくることにして





今日予定通り7時半に

宿に到着できるように

駅まで歩いて

なるべく距離をかせぐことに。





いや、疲れている中でのこの判断。

今考えるとよくやったと思います。




ここで電車に頼ってしまうと

もはや旅の意味が9割減になるとこでした。




というわけで




強くなってきた雪の中

ペースを上げて歩くことに。






猿沢池から南下して




もくもくと

もくもくと




歩き続けて





目的地帯解駅に到着。




そこから

電車で長谷寺駅に向かい




宿泊地

大和屋さんに到着。

http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/54220/54220.html





温かい女将さんと

ご主人さんが

迎えてくださいました。







地鶏のすき焼き、本当においしいです。

向かい側に座って食べておられる方は

赤の他人です。

ここはご飯の部屋です。

1人旅です。




ご飯を食べて

お風呂につかって

部屋に戻って

足のケア。




初日歩いてみて

荷物をもってきすぎたことに気づき








服を送り返すことに。

宅急便すごいです。

おそるべし、資本主義。




このときに

なぜか大量にもってきたカイロも

送り返すのですが

その判断がのちのち問題に…





そんなわけで

初日が無事終了です。





尼ヶ辻出発16時

帯解駅到着18時

距離約11キロ


休憩なし


初日結果

家(吹田)出発 7時

帯解駅到着 18時

距離約50キロ




RUNKEEPERというアプリの

自動距離計算

どこまで正確かはわかりませんが。









歩いて行こうお伊勢さん その4

枚岡を超えて

いよいよ暗峠。




私衝撃を受けました。





坂。





坂。




坂。





めっちゃ坂です。

上から見るとこんなに急。






有り難いことに

休憩所。




この時点で

足立は心が折れました。



だって

めっちゃ坂ですし。

まだまだ坂続きますし。




今日宿泊予定の宿に

予定時間通りに

全然着かなさそうですし。



足痛いですし。




休憩所で

おにぎりと

当たったジュースを飲みながら

やめちゃおうかな~~~と、

めっちゃ考えました。





そもそもなんでこんなことやろうと思ったんだ。

と12月末の自分を

ツッコみました。









でもね。





年末の足立は

足立はきっとこれくらい

できるだろうって




期待をしていたわけですよ。

自分に対して。




そんな自分の

自分に対する期待に

応えられないような輩が

人の期待に応えられる

わけがないじゃないか

という




いきなり熱い足立が登場して





やってやろうじゃないかと

奮起できました。





レッドブルのおかげかもしれません。





ここで入った心のスイッチが

旅の中でかなり大きかったのです。




そのあとも

ジョウダンジャナイヨー

と笑っちゃうほど

急な坂道が続きましたが





たぶん急こう配を表現しようとして撮ったのだが

気が動転してよくわからない写真に。




気合と根性で乗り切って

ついに峠越え!!!







頂上にある石碑。




ちょうど同じタイミングで

逆から来た自転車の人が

石碑に自転車を置いちゃって

気の小さい僕は

どけてくださいと言えるはずもなく。。





とてもとても眺めが綺麗。

生駒の方です。





綺麗な棚田もあって




もはや下りがうれしすぎて

ちょっと小走りにもなりました。

人生初の峠越え。






平地にまで出てきて

南生駒駅を超えて

しばらく行くと







歓喜の湯と名付けられた

足湯が!!!!!!!







ほんとに歓喜。

ちょうど同じタイミングで

家族連れも

おられたのですが




すみっこの方で

フードをかぶって

下を向いている青年を見て

若干のきまずさを

感じておられるようでした。





その後

またか!!!






というタイミングで坂です。

榁木峠。




それをまたまた気合いで越え






もくもくと。

もくもくと。

もくもくと。




歩き続けていると

雪が。。。。。。




ついに

寒波の本領発揮。





雪がはらはら降り続ける中




垂仁天皇陵を越えて




ついにチェックポイント



尼ヶ辻駅に到着!!!!




枚岡出発 12時50分

尼ヶ辻到着 16時15

距離約14キロ



おにぎり食べながら

心が折れそうになったり

足湯から出たくないと考えた時間含む。

1 2 3 4 5 6 7

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.