オフィシャルブログ official blog

カテゴリー: 歩いて行こうお伊勢さん

歩いて行こうお伊勢さん 中間まとめ

2日目が終わりました。

2日でその11まで

書くことになるとは

夢にも思わず

伊勢と川掃除のことばっかりで

もはや政治家ブログなのかと

自分でツッコんでおります。





2日目まで終わって

足立頭おかしいんじゃない?

と思われたかもしれません。




正解です。





馬鹿なことを

全力でやりきる。





自分の枠を

毀していく。




その結果

なんかわからんけどすげー

という雰囲気が漂う。





しかも半笑いで。





そんな感じがいいのです。




せっかく書いているので

もう少し多くの方に見ていただこうと

この中間地点で

いったんまとめます。





その1(準備)

http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/entry-11980306800.html


その2(家~玉造神社)

http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/entry-11982283990.html


その3(玉造神社~枚岡)

http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/entry-11982290688.html


その4(枚岡~尼ヶ辻)

http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/entry-11982323905.html


その5(尼ヶ辻~帯解&宿泊)

http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/entry-11982584938.html


その6(帯解~長谷寺)

http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/entry-11983465567.html


その7(長谷寺~諸木野)

http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/entry-11983512707.html


その8(石割峠)

http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/entry-11984290166.html


その9(山粕峠)

http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/entry-11985579532.html


その10(下山)

http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/entry-11991843592.html


その11(野宿)

http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/entry-11991945855.html




ここから飛ぶと流れで見れます。

http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/theme4-10087782713.html#main






うちの議員で

馬鹿なのがいてさ~

という感じで

他人に勧めていただけると

よりありがたいです。




最後まで頑張って書きますよ。

歩いて行こうお伊勢さん その11

無事山をおりた足立。

もう22時。




パトラッシュ。

僕は疲れたんだ。

なんだかとても眠いんだ。




2日目の目的地は

御杖にある

道の駅だったけれども





まだ20キロくらいありそうだし

もう限界なんだ。




心も体も

へとへとの足立は

壁と屋根のある場所へ

ふらふら歩き

そこで寝ることに。





写真を撮るなんていう

余裕があるはずもなく。




イメージは

こんなところ。







これよりもう少し大きかったけど

屋根と壁の間に

隙間があること


前面が開放的なつくりに

なっている部分はそっくり






大丈夫。






僕には

寝袋がありますから。






とにかくここで寝ようと

決めた足立は

文明の利器

自動販売機で

ミルクティーを購入。





無事に山を下りられたことと

寝る場所が決まった

安堵感に浸りながら

荷物をおろすと





。。。。。。。。。。。。。。







柿の葉寿司が

ない。




http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/entry-11983465567.html





モリモリ食べようと

16j個入りの

柿の葉寿司を買っていたのに。





あぁ。

どこに落としてしまったんだろう。





木をくぐったときなのかしら。

下りですべってこけたときなのかしら。

リュックのバンドに挟んでただけやからな。






口の中が

酢飯と鯖だったのに。





サーモンも入った

ミックスだったのに。






もうなんか

つらくなって

とにかく寝ることに。





地面に

積もっている雪を

適当にはらって




この時のために

アウトドアショップで買った

サバイバルシートを敷き

(アルミ素材で断熱)



その上に

寝袋をひろげて




晩御飯として

柏餅を一つだけ食べ

(じっとしていると寒すぎて

 もはや食べられない)




寝ることに。










寝ることに。










寝ることに。









寝られない。





地面が石で

とにかく冷たい!




アルミの断熱シート

薄すぎてほとんど効果ないやん!!

持ってきた寝袋

たまたま家にあったやつやから

冬用ちゃうし!





そうそう。

カイロが





http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/entry-11982584938.html#main





大量にもってきたカイロ




重すぎて送り返したんやった。




そうそう、

おととし

かめのこマラソンで記念品にもらった

アルミシートでできた

ポンチョを着よう。





そして

リュックに入っている服を

全部

自分と地面との

接地点に挟み込み

寝ることに。






寝られない。






寒いと眠くなるというのは

嘘です。





寒いと

寝られません。





腰が冷たすぎるので

敷いたズボンを

はきなおそうと

起き上がると







寝袋の上に雪。





屋根と壁の隙間から

降りこんできた雪が

足立の上に積もっているじゃないか。




これはよくない。




敷いたアルミシートの

余剰分を

寝袋に巻きつけて

目玉クリップで

留めて対応。




横になると外れた。





もうしらん。





ズボンの2重履きで

少し腰は軽減されたものの





足先が

驚くほど寒い。




でも僕には

これ以上できることがないんだ。




体育座り

改め

体育寝ころびで

泣きそうになりながら

就寝。



2日目結果


帯解駅出発 8時25分

山粕到着 22時

距離約50キロ??




自動計測アプリでは

60キロも歩いたことになっています。

道に迷いすぎて

本当に歩いた距離は

全然わかりません。





歩いて行こうお伊勢さん その10

峠に到着した時点から

更新が止まったので

あたかも遭難したかのように

なりましたが

無事生きております。





峠というものは

山の頂でございます。





山は登ったら

下りなきゃならん。





ということで

夜の雪山を

下っていきます。




もはや

道がわからないので

時に1メートルくらいの

段差を下りたりと

けっこうな感じでしたが






無事!!




公道を発見。





しかも思ってたよりすぐ。





コンクリートの道が

これほど安心感を与えてくれるなんて。。。。。






決められた道万歳!





安堵です。

安堵。




さぁ地図に従えば

農道を横断してしばらく歩けば

スーパーが見えてくるはず!


http://homepage2.nifty.com/kaz-iku/isemap-haibara-3.htm




ということで

農道を超えて歩くと。。。。






また山。






まじですか(・o・)




でも地図では

木2つくらいしか書いてないし

すぐ越えられそうな感じ。。。。




と思って

勇気を振り絞って歩いていると








行き止まり。





この寒波と降雪で

倒れたのだろうか。。。





しかしこの道以外にはないので





こんな行き止まりに

歩みを止められてなるものか!!





と、木をくぐり

木を乗り越え




ぐいぐい進もうとするも






。。。。。。。






本気で道がない







なんだったら




川。





これを超えようとするには

水門の上を歩かなきゃ。。。。。

それはほんまに命がけ。




どうもおかしい空気を感じ

また木を乗り越え

木をくぐり




安心感を与えてくれる

コンクリートの道までバック。






携帯電話の

機内モードを解除し

現在地を確認すると




どうやら地図のルート通り

歩いていなかったらしく

超えなきゃならん農道を迂回して

無事到着すべき369号線に

出ていたではないですか。




なぜあの最高潮の安堵感の時に

現在地確認しなかったのか。。。。。。。





限界の中

遭難のリスクを背負いながら

30分くらい

無意味に雪山を

歩いてしまった。。




自分の

うっかりぶりを

あざ笑いながら

無事下山完了。





峠出発21時頃

遭難回避22時前

距離不明








1 2 3 4 5 6 7

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.