オフィシャルブログ official blog

カテゴリー: 歩いて行こうお伊勢さん

歩いて行こうお伊勢さん その14

苦笑いをしながら

伊勢奥津駅を

出発して






引き続き歩きます。







でっかい常夜灯を

横目に見ながら






くねくねした上り坂を

のぼりながら







昔は物騒だったんだなと

思いながら





次に挑むのは

飼坂峠






雪山です。





めっちゃ大変だと

わざわざ書いてくれています。





ほんまに急。




でも急な坂道の方が

アドレナリンが出て

足が痛くなくなったりと

それはそれでいいのです。






写真見ても

どこが道か

すごいわかりずらいでしょ?




僕こんな感じのとこを

前の晩

月明かりとヘッドライトだけで

歩いてましたから。





すごいでしょ。







ほめてほめて。





とかを考えていると

ついに到着!!






峠の休憩所。

昔の茶店跡だそうです。




ここから

さらに展望台があるのですが






みなさんなら

どっちの道選びます?





僕はを選びました。






崖でした。





戻って左に行きました。








絶景!!





嬉しすぎて

やっほー

叫びました。






なにも返ってきませんでした。







大人しく下山。




ここを下山すると




ついに




ついに





ついに







道の駅!






道の駅 美杉


このあたりは映画ウッジョブの

舞台となったそうで

ばりばり告知されてました。






入り口で

元気水をのんだあと





約25時間ぶりの

暖かい場所と

温かい食事。




おばちゃんおすすめの

鴨味噌とんこつラーメンと

(もはやコンセプト不明)

もってきたおにぎりを食べて




テレビで流れる

駅伝を眺めながら

しばしの休息。





伊勢奥津駅出発 12時50分頃

道の駅美杉到着 14時50分頃

距離約5キロ








歩いて行こうお伊勢さん その13

丸山公園に着いて

ようやく朝食。




昨日の夜に食べた

柏餅の残りと

持ってきたおにぎりを食べ




足のケア。




水ぶくれを

つぶしたり

足首のテーピングを

貼りかえたりを

するのですが






テーピングと一緒に

皮膚もはがれるという

想像しただけでも痛い

惨事。






こういうときに

おれってなにやってるんだろうと

自問自答するのです。





そんなことも乗り越え

休憩を終えて

一歩目を踏み出すと





雪で隠れていた溝に

はまるという惨事。









そんなことも乗り越え

丸山公園を抜けて

岩坂にはいります。




湿っていて

すべりやすいから注意と

地図にあるのですが









石がごろごろしているので

とても危険。

だけど

テーピングのおかげでぐねりません。





上の写真の

左下から右上にかけて

足跡があるの

わかるでしょうか?




これが道です。

たぶん。




舗装された道の

ありがたさが

伝わるかと。




けっこう急な

岩坂を下りきると







ついに三重県




三重という地名の由来は

ヤマトタケルノミコトが

足が三重に折れるほど

疲れたから

そう付けた

という説もあり





とても足が疲れていたので

たしかに。





と思っていたのですが

よくよく冷静になって考えてみると

歩いていたのは奈良なので

全然関係ありませんでした。





そこからは

ず~~~~っと

平坦な道が続きます。















民家の屋根から

雪がすべりおちるという現象を

一心不乱に写真におさめるという

謎の心理状況を経験し




チェックポイント

伊勢奥津駅に到着。






2009年の台風により

被害を受けた名松線は

一部運休。

その一部です。


今は代行バスですが

復旧工事が

始まったとのことです。




ベンチに腰掛け

足にアンメルツヨコヨコを塗ったり

アミノバリューのゼリーのやつを

飲んだりして休憩していると





民家あたりですれ違って

挨拶をしたおじいさんが

こっちにむかって





おにいちゃん

ビール飲むやろ。


と声をかけてこられました。





いや、このあとまだまだ歩くので


と言うと




熱燗は飲むやろ


と、全く聞いていない感じ。




いや熱燗も好きですけど

今は飲めませんねん。





いいからこっちへおいで


と催促。





やむなく

靴を履いて

おじさんに付いていくと










これめっちゃまわるんや。






ビールの空き缶で作った風車。





。。。。。。。。。。。。。。










丸山公園出発 10時40分頃

伊勢奥津駅到着 12時20分頃

距離約7キロ


歩いて行こうお伊勢さん その12

目が覚めると

5時過ぎ。





もういいです。




じっとしてると寒いので

睡眠はもうけっこう。





出発します!





ということで

もろもろの片づけをして

6時前に出発。





当然外は真っ暗です。





そんな3日目

最初に待ち受けるのは

鞍取峠。












勘弁してください!






ほんともう勘弁してください




暗闇で

山道を歩くのはもう嫌です。






ほんとに怖かったんだから。





道を間違えたりするの

意外とストレスが

たまるのですよ。






ということで

何の迷いもなく

山を大きく北に迂回して

舗装された道を

歩くことに。






決められた道

万歳\(^o^)/





地図はこんな感じです。

<kaz>さんのサイト

http://homepage2.nifty.com/kaz-iku/isemap-haibara-4.htm






3日目の朝は

逃げの姿勢から

入りましたが





ぼちぼち歩いていると

御杖村に到着!




村の入り口には

小さな無料休憩所があります。




扉もきちんとある。





ここで泊れば

もうちょっと

良い夜を過ごせたかもね。







そんなこんなで

いよいよ

日が昇ってきて




すごく綺麗な

景色がひろがります!!






心をへし折ってくる

ゆるやかな長い上り坂も

全然平気。





だって道があるから。





とにかく

道が舗装されていることに

心から感謝しながら

コツコツコツコツ

歩きます。






なにより

太陽あたたかい。





太陽すごいですよ。

あかるいし。

あたたかい。





そら太陽

神様になるわ








太陽のおかげで

こんな素敵な景色も。







昨日

ゴールにしようと思っていた

道の駅に行って

(少し道をはずれる)

温泉に入ろうかと思ったけど

オープンが11時からだったので

断念。






敷津の道端には

伊勢街道を歩く人のために

こんないい感じの看板も。




「寒いね」と話しかければ

「寒いね」答える人の

いるあたたかさ


俵万智






正月早々

孤独を

つきつけられました。




歩いていると

さらに

敷津ななふしぎ

ということで

いろいろ看板が立っています。




敷津ななふしぎその3


土をよけて高くあらわしておいても

恋しがっていつの間にか

元通り沈んでしまうという。

離すと泣くといわれる。


夫婦岩





雪でまったく見えません。





そんなこんなで

雪景色を

おもいっきり楽しみながら

ついにチェックポイント

丸山公園

到着!!





山粕出発 6時前

円山公園到着 10時頃

距離約16キロ




朝起きてから

ノンストップ。

テンションは高めです。







1 2 3 4 5 6 7

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.