オフィシャルブログ official blog

カテゴリー: インターン報告

吹田第六中、南小視察インターン報告

浦野悠雅

この日は日常ではなかなか機会がない
校長先生とのお話と学校の視察をしました。

中学校の視察では、
教育には教師・保護者・地域の協力、
連帯感が必要であることと、
徹底することの大切さを学びました。


小学校の視察では、
現代において、
”社会の立ち位置”
がわからない子どもが増えてきており、
教育の場で
それを補う必要があるということ、


また今話題になっている
大阪府の教育制度問題についての
1つのとらえ方を学びました。


どちらの校長先生においても、
しっかりとした教育理念と
その取り組みが感じられ、
非常に勉強になりました。



辻篤史

【吹田六中視察の感想】
数年前までは荒れていたという
吹田六中を立て直した
校長先生の手腕には驚かされました。

授業も視察させてもらいましたが、
とても静かで
まじめに授業を受けていました。

教育委員会のバックアップが
大きかったという話を聞き、
将来この国を担っていくのは、
若者なので、

やはり教育に
力を入れていかなければ
この国はよくならないなと感じました。



【吹田南小視察の感想】
学校予算が減らされ続けているという話が、
非常に印象に残りました。

5年間で200万も
減らされているのは
信じられませんでした。


この状態で、
子供にいい教育を受けさせることは
非常に難しいことだと思います。


市の財政難が原因のようですが、
教育費をここまで減らすのはどうかと思いました。
将来を担う子供たちのためにも、
教育費以外の
無駄な部分を
もっと削減してほしいと思いました。

神道政治連盟講演インターン報告

普段なかなか聞くことのない
講演を聞いた
インターン生の声です。



寺川祐太郎

この講演会では
安倍晋三元首相
稲田朋美衆議院議員が
お話しされたのですが、

会場は非常に自民党色が強く、
民主党を風刺すると会場から拍手が起こるといったもので、
私は会場の雰囲気に圧倒されっぱなしでした。

TPPなどの問題について
意見を述べられていましたが、
私にとっては難しく
まだまだ勉強が必要だなと感じた講演会でした。




浦野悠雅

元内閣総理大臣の
安倍晋三衆議院議員の講演が聞けるということで
楽しみにしていました。

”神道”というだけあって
そこの部分は、勉強不足の私には「?」
と思うところが多少ありましたが、

安倍晋三議員の政治観は理路整然としていて、
とても勉強になり、
またその政治観に共感を得ました。

この講演を通して
日本の政治をより深く考える必要性を感じました。



辻篤史

安倍さんの話の中で私は、
税収についての話が印象に残った。

今、消費税増税という話が出ている。
しかし、消費税を増税しても
税収を上げなければ意味がないというのは、
確かにそうだと感じた。

デフレ問題により消費税を増税しても
税収が上がらないこともある。
これでは、消費税を上げた
意味がなくなってしまう。

今の日本は、本当にそうなってしまいそうで
より一層危機感を感じました。

お弁当の日インターン報告

2月3月
共に活動するインターン生。


学生が
どう感じているのか
生の声をお楽しみください。



お弁当の日についての
インターン生の感想です。



辻篤史

「弁当の日」という取り組みを
話を聞くまで私は全く知りませんでした。
しかし、話を聞き実際の効果などを聞くと、
これは全国に取り入れていくべきものだと感じました。

子供にも親にもいい影響が出るというのはすごいし、
親子の絆も深まるのではないかと感じました。
子供の競争本能もうまく刺激し
人間的にも成長していけると思いました。

今さらですが、私も体験してみたかったです。




浦野悠雅

まず、一言で感想を述べると、とても面白かったです。
この勉強会は弁当の日を推進している、
竹下和男先生に講義していただきました。

内容は、さまざまな事例とともに、
人間の心理や性質と食との関係を導き出し、
「弁当の日」を導入することで、
健康で文化的な生活ができる人を育成することができる
ということを説く、といったものでした。

子育てにも役立ちそうな情報が
たくさん盛り込まれていたので、
個人的にも将来使えそうだなと思いました。

この勉強会を通じて、
子どもの成長を助けられる行政の形が
垣間見えたような気がしました。



寺川祐太郎

大学に入学して、
一人暮らしをしている友達に
何気なく晩御飯は何にするのと質問しても、
どこかで買って帰るとか
外食するといった答えが多いと
感じていましたが、

この講演会を聞いて
大学生食生活の実態を知りました。
崩壊した食生活を送る学生が
こんなに多いことに衝撃を受けました。

私はこの講演会を受けてみて
自分に料理を教えてくれた母親に
すごく感謝しました、
この「弁当の日」という取り組みが
日本中に広がっていたのならば、
小さなことですが
確実に日本は変わるだろうと感じました。

1 2 3 4

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.