オフィシャルブログ official blog

カテゴリー: アタック25の政策

アタック25の政策 その10

その9はこちら

アタック25の政策 その10

市営施設の収支の見直しを




大幅な赤字となっている施設については

統廃合を含め施設の必要性をもう一度考え直す必要があります。




例えば市民プール

利用料で3千万円ほど収入があります。

業務委託として2億円ほどの支出があります。



その差引、赤字の部分は税金です。

それをわかった上でもっと費用が安くならないか

あるいは

市民プールが必要かどうかの議論が起こっても

いいと思います。



一つ一つの事業、

モノの値段。

しっかり知っていく必要があります。

アタック25の政策 その9

その8はこちら

アタック25の政策 その9

 

事務経費・時間の削減を

 

市役所のIT化を進めることで

事務の効率化合理化をすすめます

 

市役所の職員さんが

働きやすい環境を整えることは

非常に大切です。

事務にかかる手間を

なるべく減らして

職員さんも利用者も

ストレスフリーな市役所を

市民サービスにたくさんの時間を

使える市役所づくり提案します!

アタック25の政策 その8

その7はこちら

25の政策 その7


 

財政が悪くなれば、

市民に負担増を求める前に

議員・職員から給料カットを




これから

新たな開発計画

既存の公共施設の建て替え、修繕

民生費の増大で

歳出はどんどん膨らむ見通しです。




政治家・職員は

全力をもって

あらゆる工夫・取り組みで

財政収支のバランスを保つ努力を

しなければなりません。



仮に最終段階

増税やむなしとなった場合には

まずは財政を預かっている

市長・議員・職員の人件費から

大幅なカットをしなければなりません



財政運営・チェックに

しっかりとした責任を持つ




財政の悪化は市長・議員・職員の責任です。

負担増を求める前に自らの身を削ることは当然です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.