オフィシャルブログ official blog

カテゴリー: ろーど・とぅ・あいあんまん

トライアスロン再開しました

全然仕事とは関係のない話ですが、トライアスロンを再開しました。29歳になる年に30歳になる前に自分の限界を超える挑戦をしたい!ということで出場することになった「IRONMAN in Japan」。ろーどとぅあいあんまんシリーズはこちら
レース出るとこまででブログ止まってますやん( ゚Д゚)

スイム3.8km自転車180.2kmラン42.2kmとかなりハードなレースを無茶をしながらなんとか完走。その後しばらくトライアスロンとは離れていたのですが、フランス人のトライアスロン仲間ができたり体を動かすと仕事の調子もよくなるということでついに再開。

次の目標はバラモンキング。全力の日程調整が必要。徐々に称号を獲得して「なんとなくすごい」雰囲気を醸し出していきます。

さて、このトライアスロンのトレーニング、3種目もあるので結構な感じでタイムマネジメント能力を求められていまして、この日も仕事と会議の間の5時45分から40分だけ水泳するという具合で隙間時間を上手に作っていきます。隙間時間を作ろうと思うと様々な仕事にしっかりと自分で期限を作る必要があるのでメリハリがつきます。

自分の限界は自分が作ると実感できるので限界を作らなくなる、時間管理ができる、体が丈夫になる、日に焼ける、ということで仕事ができる風の男っぽくなるのでそういうものを目指す方は是非一緒にやりましょう。

lgf01a201305231700
p
hoto by morrosv7

 

アイアンマンになろう その8

大会にたどり着くまでにその7まできてしまいました。そしていよいよ大会前日。
前日は試泳をしたり、自転車を預けたり、タイム計測用のチップを受け取ったり、着替えの荷物を預けたりと、結構やることがあるのです。

お昼の12時頃洞爺湖についてすべて完了したのは5時くらい。ちょっとだらだらしすぎました。

 自転車を預ける場所。  今回は1800名くらいの参加者がおられました。経済効果おそるべし。

これは水泳のコースです。そう、ブイがあるだけでほぼほぼなにもありません。当日はライフガードの方がサーフボードに乗って一定誘導はしてくれますが、コースはこんな感じ。左奥の方に見える小さな小さな黄色い点と青い幕のあたりがスタートライン、手前に見えるブイが1kmの折り返し地点。めっちゃ遠いでしょ。そう1km意外と遠い。競技説明会では、最近トライアスロンの大会で死人が多いからマジで気を付けてくださいといことを繰り返し言われました。この距離の約4倍を泳ぐと思うとかなりビビってきました。

水泳のコースはこんな感じです。

course_swim

 1周と3分の2泳ぎます。①が約1キロ、②~③が500メートル、③~④が800メートル
いったん陸にあがって⑤が約1キロ、⑥~⑦が約500メートルの計3.8キロ。おそるべしです。

ちなみにいまさらですがコース全容はこんな感じ。

course_all

 

  
洞爺湖は北海道のこのあたりです。

  
けっこう大きな湖です。  

 このあと自転車コースの下見に行こうとも思ったのですが、予想以上に遅くなったこともありおとなしくホテルに帰ることに。ちなみに大会申し込みは異様に早かったくせにホテルをおさえるのが異様に遅かったため会場から40分くらいかかる室蘭のホテルに泊まることになりました。期待と不安を抱えながら21時に就寝です。

 

 

アイアンマンになろう その4

歩いて行こうお伊勢さんこと180キロの距離を正月に歩ききった足立を年明けに待ち受けていたのは、

 

選挙。

 

そう、私政治家なのです。 選挙が近づくにつれアイアンマンどころではなく有権者に如何に自分の政策や想いを届けるかのみに頭と身体を使い続けておりました。

ちなみにデモとかで「政府はおれたちの言うことを聞けー」的な学生を見ると、地盤も組織もない若手議員が初出馬の際にほぼ唯一の武器として行う、ほとんどの人が聞いてくれない駅前で毎日街頭演説をし続ける、ほとんど受け取ってくれない中でビラを配り続ける、何万枚ものビラをポスティングし続けるということをやってみることをおすすめします。社会を変えるためには継続こそ力なり、ですよ。

 

選挙の際にも心のどこかでアイアンマンを忘れていなかったのだろうな~と思う一コマがこちら。

 

14時間連続街頭活動。7時に江坂駅から始まり、公園やスーパー前を延々街頭演説をし続け、最後また江坂駅で21時まで活動するというチャレンジ。チャレンジの継続時間がほとんどおなじという偶然。

このチャレンジでアイアンマンにおけるもっとも重要な要素、「補給」を学びました。

そう、アイアンマンはだいたい5000~8000キロカロリー使うと言われ、補給も非常に重要な要素となるのです。この日14時間のチャレンジということのみが先行し、一切休憩の時間を考慮せずに予定を組むという失態を演じ、移動中の自転車でおにぎりをほおばり、演説後のわずかな合間で差し入れとしていただいた熱々のたこ焼きを食べるという経験をしました。この経験こそが後のアイアンマンでの補給のトレーニングになったのでした(こじつけ)

街頭演説という種目の特性上パフォーマンスを落とせないということで、14時間集中して同じことに取り組むという経験が私に一心不乱になるということを教えてくれました。

ちなみに14時間街頭活動チャレンジが功を奏したのかは不明ですが、2219名ものたくさんの方のご支援をいただき、おかげさまで市議会議員選挙も無事当選いたしました。

1 2 3 4 5 6 9

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.