オフィシャルブログ official blog

足指の使い方で人生が変わる

5日に泉大津市で12月18日に行われる市長選挙に出馬表明された南出賢一議員が主催の勉強会に行ってきました。

内容は前から伺っておりずっと気になっていた、足の指の筋肉に着目した健康法。講師はコンディショニングコーチの森部昌広先生とフィットネスを併設した整形外科クリニックの院長橋間 誠先生。

image

 

森部先生には骨格や体のつくりの観点からつま先から歩くことの大切さや、スポーツする際のつま先の重要性についてお話いただきました。また足指に力をいれることによる筋肉の動きからもその重要性を理解しました。

正しい姿勢、正しい歩き方を身に付けることによって、歳を重ねてからもいつまでも元気で歩き続けることができるとのことです。また一度杖に頼るようになった方でも足の指を中心とした足裏の筋肉をトレーニングするだけでまたしっかり歩けるようになるとのこと。すごい。

是非一度座って足を地面につけたときに足の指がきちんと床につくか確認してみてください。

橋間先生からは整形外科を受診される方で本当に整形外科の受診や施術が必要な方はたった1割という衝撃的な話を伺いました。実は慢性的な痛みは心の病から来ることが多く、どれだけ痛み止めや原因と思われる部分を手術しても痛みがひかなかった患者さんが抗うつ剤を処方することで一気に治るという事例を挙げていただきました。そして心と体の関係性から正しい姿勢を若いころから身に付ける大切さ、足指にグッと力を入れることにより体幹を安定させることの大切さを伺いました。

 

吹田市では「幸齢社会」という、歳を重ねても元気でいただける自治体を目指しています。いろんな手法がありますが、転倒防止や体の部位に負担をかけない姿勢維持についてもみんなで勉強できればと考えています。

 

31歳になりました

5日に無事31歳を迎えることができました。たくさんの方に仲良くしていただいたり、一緒に活動していただいたり、可愛がっていただいたり、お支えいただいたり、応援していただいたりと、周りの皆さんのおかげで本当にありがたい毎日を送らせていただいております。この感謝をパワーに変えてもっともっとたくさんの方にお役に立てるよう働いていきます。

さて、歳を重ねるたびにその歳のテーマを決めているのです。
例えば
28歳のときは「同年代の友達をいっぱい作ろう(同年代のネットワークを拡げよう)」
29歳のときは「自分の限界を打ち破ろう」
30歳のときは「基礎をしっかりと固めよう}
といった感じで、これを決めておくとおもしろいことにそのとおりに進んでいくのでお勧めです。

31歳の目標は
「足立、爆発」です。さらに活動の幅を拡げていくとともに新たなことにどんどんチャレンジ、そしてもっともっと発信力をつけて、「最近足立君爆発してるね~」と言われることが目標です。

今後ともよろしくお願いいたします。

picto20160701-348

トライアスロン再開しました

全然仕事とは関係のない話ですが、トライアスロンを再開しました。29歳になる年に30歳になる前に自分の限界を超える挑戦をしたい!ということで出場することになった「IRONMAN in Japan」。ろーどとぅあいあんまんシリーズはこちら
レース出るとこまででブログ止まってますやん( ゚Д゚)

スイム3.8km自転車180.2kmラン42.2kmとかなりハードなレースを無茶をしながらなんとか完走。その後しばらくトライアスロンとは離れていたのですが、フランス人のトライアスロン仲間ができたり体を動かすと仕事の調子もよくなるということでついに再開。

次の目標はバラモンキング。全力の日程調整が必要。徐々に称号を獲得して「なんとなくすごい」雰囲気を醸し出していきます。

さて、このトライアスロンのトレーニング、3種目もあるので結構な感じでタイムマネジメント能力を求められていまして、この日も仕事と会議の間の5時45分から40分だけ水泳するという具合で隙間時間を上手に作っていきます。隙間時間を作ろうと思うと様々な仕事にしっかりと自分で期限を作る必要があるのでメリハリがつきます。

自分の限界は自分が作ると実感できるので限界を作らなくなる、時間管理ができる、体が丈夫になる、日に焼ける、ということで仕事ができる風の男っぽくなるのでそういうものを目指す方は是非一緒にやりましょう。

lgf01a201305231700
p
hoto by morrosv7

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 316

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.