オフィシャルブログ official blog

保育所民営化について

昨日保育所民営化について
民営化に反対されている市民の方々と
お話をさせていただきました。



皆様お忙しい中、また家庭もあるにもかかわらず
仕事帰りに来ていただいて
直接声を届けていただいて
本当にありがたいことです。



民営化することによって
どのようなデメリットが
子供
に生じるのか。



保護者の皆さんが
心配するところは
そこだけです。






財政の観点から見れば
民営化の方に大きく分があります。




保護者の方々の
民営化への不安を
客観的に取り除くことができれば
反対運動も小さくなると考えます。




民営化すると
保育環境が劣悪になるという批判は
今現在、民間保育所を
運営されている方々に
はなはだ失礼な話でありますので。




保育所にどこまでを求めるのか。
多くを求める場合
受益者負担はどうするのか。
保育所のそもそもの目的は何なのか。



ここを間違えずに
議論していくことが大切です。




民間は悪だとか
公務員は悪だとか
偏った議論は
私はできませんので
そういう視点で調べさせていただきます。




今回は本当にありがたいことで
また「これはどうなっとんねん」
ということがございましたら
お気軽に



06-6339-6839
nobukatsu.adachi@gmail.com
にご連絡いただけましたら幸いです。



未だ事務所を持つ余裕がないものですから
市役所の応接室での対応となりますが
よろしくお願いいたします。

戦の準備

大きな戦が

始まろうとしていますが




どうも腑に落ちない。




何を求めて戦うのか

党が、候補者が

何を考えているのか





維新という言葉が大きすぎて

辞退する人が多すぎて

府知事という職が

軽く扱われているようで




府民として非常に残念に思います。




大阪は大きな分岐点にきました

今回の同時選挙で

少なくとも4年の大阪が決まり

この4年で打った政策で

これまでの政策の成否が決まり

何年も先の大阪の行く末が決まります。





府知事が誰かによって

東京の一極集中を打開し

霞が関の権限を受ける皿を作り

西日本を潤すことができるか否か


日本の行く末がかかっていると言っても

過言ではありません。





私の仕事は何かと

常々考えます。



25歳の若者として

吹田の市議会議員として

日本の政治家として

なすべきことは何か





林英臣政経塾で

さまざまなことを学び

気づきが確信に変わってきています。




信じる道を行くことで

未来が開けるのならば

どんなところにも

駆けていく。





議会と決算委員会が終わると

2日ほど休もうと思っていましたが

キャンセルです。




あとは声掛け次第。

準備をしておきます。

ルアフェリス

日曜日は
千里山の地域のお祭り
ルアフェリスを
お手伝いすることになりました。



僕の担当は
ダンボール迷路の
制作補助ということで


photo:01





漢舞の学生や
国際交流団体の学生達と
完成させました!



子供達の
大喜びの姿に
心が和みます。



途中の雨で
すぐ撤収と
なってしまいましたが


11月5.6日に
万博公園でも
登場するそうなので
是非行ってみてください。



学生ボランティアが
地域を活性させる
新たな力になるヒントを
いただきました。



一番学生に近い僕が
できること。
こういった場所にも
わんさかあると思います。



見つけて力を発揮しなければ!



iPhoneからの投稿
1 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 319

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.