オフィシャルブログ official blog

多文化共生

グローバル化という、一見かっこいい、しかし実際には国際競争の過酷な現実がある言葉。

吹田では英語教育に力を入れているのですが、それは実は本質的な問題解決能力を、子供達に提供できないのでは?

 

ということで外国人施策について様々な勉強をしています。

image

ということで今回こんなところに来ています。

image

 

image

 

いやいや、どこなんだ?

ということですが、スマートフォンでなかなか上手にアップできないので帰って改めて!

 

 

 

 

すごいぞ吹田の体育の取り組み

先日地元の中学校の運動会を見てきました。子供の頃、入学式と卒業式と運動会には議員が来ていたでしょう?あのパターンのやつです。とはいえ個人的には本気のリレーや3人4脚の観戦を楽しんでいるのですが。吹田第六中学校は準備体操がすごくて、ラジオ体操をラジオをかけずに掛け声で、全員が指先まで意識しながら揃って体操します。なかなか見ないと伝わらないのですがほんまにすごいです。

 

さて、その運動会で教育長とお会いし話をしていると「今頃小学校6年生は総合運動場で陸上大会をやっています」とのこと。「ん??」ということで詳しく聞いてみると、吹田の全小学校6年生は総合運動場で4日間にわたって陸上の記録大会をするとのこと。「是非いっぺん見てください」とおっしゃるので、誘われたら物理的に無理な時以外は断らない足立。「是非!」ということで行ってまいりました。

 

とはいえ、翌日なので午前の限られた時間でしたが21日、総合運動場に行ってきました。

 

img_6536

 

役所から自転車で行ったので、完全に一人陸上大会くらいのテンションで汗を流して到着するとちょうど開会式。

いろんな学校が一緒に競技をするのは本当にいいことだと思います。というのも

img_6537

いざ競技が始まると観客席に座っている子供たちは異様な盛り上がり具合。記録会とはいえ自分の学校の子が他の学校の子と競争しているので、当然自分の学校の子を応援するのが人情。めっちゃ盛り上がっていてとてもいいなぁと感じました。

 

img_6540

 

プログラムが「走の時間」というネーミングもダイレクトでとてもグッド。

短い時間でしたがとても楽しんできました。

先生方が忙しそうだったのでとくにお声がけはしなかったのですが、それはそれでまずかったみたいで。勝手に見に行かせていただいたのに気を遣わせてしまい申し訳ございませんでした。

 

この吹田の取り組み、すごいでしょ!!夏は水泳の記録大会もあるとのことでめっちゃ意識高いですね!いろんな取り組みをしていただいて本当にありがたいです。

平成27年度企業決算審査特別委員会

全く報告しておりませんでしたが今月11日に企業決算審査特別委員会が開催されました。委員としてガッツリ議論をしてきました。
吹田市は水道事業を企業会計という、役所の会計とは少し違う形で事業をしています。

企業会計ってなんやねんっていうことですが、これまで役所の会計は単式簿記・現金主義会計といって民間とは異なる手法をとっていたのですが(吹田市では平成26年度から新公会計制度導入により複式簿記・発生主義会計導入済み)、水道や市営バスなどの公営企業はサービス業なので資産等を正確に把握して経営うまいことやりなさいよ、ということで国から民間と同様の会計制度を取り入れることとなっています。

 

img_7204

 

 

27年度の純利益は6億円となっており、一定の水道料金のもと経営努力をしてくださっていることを感謝します。しかし平成27年度は水道料金の値上げの議案があった年でもあり、値上げの議論のときは2億円の利益見込みでした。見込みより利益が出ているってことは、今後工事が必要で料金値上げをしたものの予測していた不足額に変動があるんじゃないですか?という疑問が出てきます。推計では27年度2億円の利益、その後赤字になるとされていたのですが、決算を見ているとほんまにそうなんですか??という感じです。

基本的には安定した水道水供給のために必要な設備投資は積極的にやっていただきたいですし、そのために料金の値上げが必要であるならばしていただきたい。けれどもその値上げの幅はきちんとした根拠に基づいてやっていただきたいと考えています。

私たち議員は独自で調査できるもの以外は基本的には職員の出す資料を信じて議論をするしかありません。あまりにもおかしいときは自分で調べますが今回のような推計はやはり頼るしかありません。信頼関係を維持するためにもなるべく正確な数字を出すよう心がけていただきたいです。

もう値上げ幅は決まりましたし、3年後に改めて料金の妥当性について検証するとのことなので見守ってまいります。

なお、黒字になっていると申し上げましたが、資本的収支の部分は22億円の赤字になっています。資本的収支は水道管の更新など施設整備などに使うお金を取り扱う項目の事で、先ほど黒字と言っていたのは水道事業の運営(人件費など)を水道料金収入でまかなえているかという収益的収支の事です。

%e5%8f%8e%e7%9b%8a%e3%83%bb%e8%b3%87%e6%9c%ac

 

(京都府のHPから拝借http://www.pref.kyoto.jp/koei/)

上の部分は6億円の黒字だけど、下の部分は22億円の赤字。赤字というより収支不足額が出たので内部留保から持ち出したというイメージです。資本的収支の不足分は収益的収支の黒字分で埋められるので、水道料金を値上げして収益的収支を黒字にして設備投資がんがんできるようにしていこうということです。

 

たしかに片山浄水場の建替えをはじめ大型工事が控えているので料金値上げはせざるを得ないですけど、その値上げ幅の根拠だけはしっかりしてくださいよというお話でした。

 

img_7280全体の雰囲気はこんな感じです。

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 316

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.