オフィシャルブログ official blog

日別: 2017年1月15日

防災訓練

15日は吹田市自治会連合協議会合同防災訓練の日でした。午前9時半に上町断層帯を震源としたマグニチュード7.5の直下型地震が発生。市全域で震度6強、一部地域で震度7の大地震に襲われた。という想定で家庭や地域で防災訓練を行います。寒波の影響で開催自体は各自治体に任されています。

例年私は消防団員として、毛布での簡易担架の作り方や水消火器の使い方、時にはジャッキを使った瓦礫からの救助方法などを伝えていたのですが、今回は寒波の影響で中止となりました。

ので、妻と一緒に住んでいる自治会の防災訓練に行くことに。9時半に大地震が起こったと想定すると、家具の配置や避難経路、防災備品の置き場などを改めて考えることになります。特に避難経路(というほど家が広いわけではないですが…)にコップやお皿の割れた破片が散らばる可能性がひじょうに高いのでスリッパの位置が大事だなと改めて実感しました。

大災害の時、特に発災直後は行政にできることには限界があり、まずは家庭での備え。そして地域での助け合いが大事です。今回ありがたいことに改めて真剣に考える機会となりました。

吹田市役所の職員も訓練を行っていて、課長代理級以上の職員参集率96%、安否確認99.2%と高い数値を出してくださっています。当日提示の訓練もあったということで、やはり実際に発災を想定して取るべき行動について考えておられます。

ちなみに議員も安否確認を行うのですが、いただいたメールに気付かず議会事務局の職員さんに電話をいただく手間を取らせてしまいました。反省です。

家庭での確認のあとは指定緊急避難場所である南吹田公園のグランドに。グランドではバケツリレー、簡易担架、水消火器、防災備品の展示、救急救命講座が行われていました。多彩なメニュー!意識が高いですね!

 

よく言われることですが、いざという時の助け合いのことを考えるとやはり普段からの地域の繋がりが大切。特に若い世代の地域への参加が課題ですが、この点を打開できる議員になります。どうやって?というのは一緒に考えましょう。

 

 

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.