オフィシャルブログ official blog

メッセージボード

【吹田つばめ学習会】

【吹田一わかりやすい議会の話】

日時4月2日(日)13:00~14:30 
場所
千里山コミュニティセンター 第一会議室
参加費
無料

どなたさまでもお気軽に

【寺子屋関西 20代の高杉晋作】

日時3月25日(土)17:00~18:30 場所茨木神社参集殿参加費500円
参加希望の方はご連絡を nobukatsu.adachi@gmail.com

立派な人を目標に生きていきましょう

【糸田川は蛍がいる川プロジェクト】

日時
少々休止中です
場所の詳細はこちら

参加希望の方はご連絡を nobukatsu.adachi@gmail.com

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第7回議会運営委員会小協議会 その2

さて前回のおさらいからの、19日に開催された小協議会。

小協議会で協議される項目は以下の5つ。
1、選挙後の議員任期の見直し
2、委員会のインターネット中継
3、予算常任(特別)委員会の設置
4、決算審査の見直し
5、議会資料のペーパーレス化

なんのこっちゃ気になるというもの好きの方はこちらを見てくださいね。

さて、議員任期の見直しの件ですが、僕、もうあきらめそうです。いや、「あきらめたらそこで試合終了ですよ…?」と安西先生もおっしゃるので、もうひと踏ん張りいきますが、市長任期に合わせる派の会派で4月30日辞職派の会派を説得にあがります。みなさん頑張りましょう。

 

委員会のインターネット中継も時間制限について委員長の裁量で取り扱うことに前回まとまりかけたのですが、ある会派が「時間は決めてもらわなきゃ困る」とのこと。いやいやいやいや、議案の量や質、予算の規模や中身によっては一概に決められるものではないでしょう。質問の質をあげることにより委員会が長時間に及ばないようにすることは賛同しますが、一律に時間を決めてしまうのはちょっと雑な気がします。これは会派によって委員会の捉え方が異なることから生まれる見解の違いのような気もしますが。今だけでなくどんな政局でも議員がパフォーマンスを発揮できる環境の保持は重要です。

 

予算・決算については、まとまりかけていたのですが、再度総括質疑の必要性について議論が出てきたのでもう少し深める必要があります。話がこんがらがってきたときは、そもそも論に立ち返ることが大事。この予算・決算常任委員会は、今の吹田市議会の予算を分割付託するやり方は地方自治法に反するということで今回見直しがかかりました。要は予算を分割付託している状況さえ変えることができればいいのです。委員会の進め方はほんとにいろいろあって、何がベストかはわかりませんが、少なくとも今の進め方がよくないよね、ということではないので、分割付託しない方法で現状の進め方をするのがいい落としどころかなぁと。時間や議論の経過によって物事の本質を見失わないように気を付けて行きます。

 

議会資料のペーパーレス化については、①資料のクラウド化、②タブレット端末の配布、という2つの議論に分けることで決着をつけたいと考えています。①資料のクラウド化については議員の仕事がとても便利になるので反対する議員はいないはず。予算も規模がおおきくならないのでなんとかなるかなぁと。実際にクラウド化して、議員が各自持っている端末で利用し、必要性が出てくればタブレット端末で議会開会をすることについて改めて議論すればいいのではないかなと。

 

細かい調整をやってきましたが、ようやく形になりそうです。全会一致が基本なのでいろいろなことに気を遣いますがとても勉強になります。議員の仕事、地味でしょう。

足立ノブログの新着記事

ブログ

足立ノブカツ公式facebook

足立ノブカツ

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.