オフィシャルブログ official blog

月別: 2012年11月

20121126 11月臨時議会

そして本日

臨時議会が開催されました。



議案は

百条委員会の設置についてですが




私たち

吹田新選会は

緊急動議で

市長の不信任案

提出いたしました。




百条委員会で

真相の究明を

図る一方で




市長の政治家としての

道義的責任を

追及する義務が

私たち市議会議員にはあります。




市長は

イシン改革として

様々な支出をカットしてきました。




子供にツケをまわさないという

政治信念を持つ私は

持続可能な財政の為

あるいは教育費の捻出の為

支出の方向性をシフトしていくことには

賛成です。



また

市が必ずやらなければならないことと

そうでないことをしっかりと分け

民営化の推進や

指定管理の導入

事業の廃止等で

将来的なコストを削減する必要性を

感じているので

公務員改革をはじめ

行政のイシンの方向性にも賛成でした。


但し、

本俸の平均給与の値上げや

退職金を値上げするなど

言行不一致がありますが。




サービスカットについては

市民の方から

やめてほしいという

たくさん陳情もいただきながら

議案になるものについては

賛成してきました。





しかし

議会でいくら聞いても

出てこない

削減の先の吹田市のビジョン



今、大きな分岐点に

立たされている吹田

どうするのか。



幼児教育の重要性を考え

福祉と教育の溝を超え注力するのか


小中の教育環境を整え

公立でもしっかりとした学力がつくということを武器にするのか


高度医療を集積し

どこにも負けない医療体制を作るのか


障害を持つ方にも優しい街にするのか


ベッドタウンでありながら

地域の絆を作り出す街にするのか


交通インフラを生かして

商業をもっと発展させるのか


万博を生かして

芸術や文化に力を入れるのか


江坂と阪急吹田、岸辺、万博を

交通で繋いで吹田を一体化させるのか


ガンバ大阪と協力して

スポーツ推進自治体になるのか




この吹田は

無限に可能性があるのです。




にもかかわらず

出てきたのは

こんな不祥事。





市長になって

やりたかったことが

こんなことなのですか



まだ私はひよっこの政治家ですが

その姿に正直言葉を失います。





これから

南吹田や操車場跡地

万博周辺地域の開発や

市民の財産の土地の処分の話も

出てきている中で

信頼して任せられません。




イシンの会に対しては

迷惑をかけたとして

顧問を辞職

会を脱退されたのならば




市民にも迷惑を

かけておられるのですから

市長を辞職されるのが

筋ではないでしょうか




私たち吹田新選会は

今回緊急動議という形で

不信任案を提出しました。



提出の方法や

さまざまなことを

指摘され

最終的には流会になり

採決されませんでしたが



私たちは

自らの首をかけてでも

道義的責任を問うているのです。
その覚悟をご理解いただければ幸いです。




百条委員会の委員は

吹田新選会からは

私が務めさせていただきます。




全員協議会では

神谷議員が

臨時議会では

山口議員が

議会運営委員会では

後藤議員が

闘ってくださいました。




いよいよ私も出番です。

しっかりと役割を果たします。

グリーン・ニューディール事件その6

その5まで

様々な問題点を

上げてきました。




これだけの

偶然が重なって

今回たまたま

このようなことが

起こった。

なんてことが

あるのでしょうか。




私は吹田市の職員さんが

そんなヘマばかりおかすはずがなく

意図があって

このようなことになっていると

考えています。




今回あげた問題点以外にも

高遮熱性塗装の

見積もりにおける面積の

変遷や




追加工事の

見積もり時期など




たくさん問題があるので

私たち吹田新選会は

事実を追及するために

虚偽の陳述や

正当性のない欠席に刑罰規定のある

百条委員会の設置に

賛成いたしました。





また富田副市長が

辞任されたのですが

副市長の辞任理由だと




日頃随意契約はよくないと

おっしゃっている市長が

自らの後援会役員の方が

社長を務められる会社だと

知って随意契約について

決済判を押しており

同じ責任があると考えています。




グリーン・ニューディール事件その5

その4で

随意契約での

問題点

特に契約の相手方や

値段についてあげましたが

手続き的にも

問題があります。




問題点⑩

随意契約とした根拠法令の

拡大すぎる解釈



地方自治法施行令167条の2・5号の

緊急の必要性としているが

この緊急性とは

基本的に災害や事故を想定したものです。




また吹田市工事請負契約等に係る発注要領

においても

22条(3)において



緊急の必要により競争入札に付することができない場合とは

緊急に施工しなければならない工事であって

競争に付す時間的余裕がない場合は

概ね次のとおりとする。

ア.堤防崩壊、道路陥没等の災害に伴う応急工事

イ.電気、機械設備等の故障に伴う緊急復旧工事

ウ.災害の未然防止のための応急工事




とされていて

吹田市においても

明らかに事故や災害・故障に関するもののみを

緊急性として定義しています。




なおこれほど

無茶な解釈をしていながら

市の法規担当に

相談もしていないということなので

(一般的に法解釈に疑義が生じるときは

法規に相談する)




なにかしらの意図を感じます。




あるいは

緊急性の定義が

吹田市の中で

ゆるゆるになっていて

随意契約がどんどん結ばれているか。



新聞報道では

井上市長が就任されてすぐに

同じ緊急性で同じ会社に

随意契約が結ばれており

その可能性もあります。




どちらにしても

よくない状況です。





問題点⑪

国への報告書の

虚偽記載




さらに

国への補助金使用の報告書に

一般競争入札と記載し

虚偽の報告がなされています。




事務的ミスだと

当局側は

主張していますが





国への報告の為

わざわざ見積書を

偽造するような用意周到な職員さんが

そんなミスをするのでしょうか。









1 2 3 4

copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.