オフィシャルブログ official blog

日別: 2012年10月23日

決算審査の傍聴そして塾および病院研究

今日は一般会計決算審査の

3日目

福祉環境の審査です。




午前中傍聴させていただき

午後からは

市民病院についての調査を

させていただき

夜からは

今村塾





市民病院は

その役割を

本当に明確にしなければなりません




吹田市は

医療環境に恵まれ




脳や心臓など

神経系や循環器形の高度医療を担う

国立循環器病センターや

阪大病院があり




産科や小児科

二次医療を積極的に

担当してくださる

済生会病院等




市民病院を合わせて14もの

病院があり

(建設中の徳洲会を含めると15)




一般病床は全国平均よりも

はるかに多いのです。





今建て替えの話が出ていますが

そんな環境の中で

わざわざ

何百億もかけて

建設・運営していく必要があるのか

というのがずっと引っかかっています。




今の病院に

新病院建設の財政的余裕はないので

60億近い債務がある)

200億程度かかる

新病院建設はすべて借金

(おそらく企業債という形)です。



そして

現在も13億弱ある税金からの

繰り入れが

今後も続くと考えた場合



とても大きな負担を

将来にわたって負うことになるので

本当に必要性が

見つからなければ

次の世代に厳しい状況を

残してしまいます。





しっかりヒアリングをかけて

勉強して

できれば次の12月議会で

質問させていただきたいと思います





あったらいいなではなくて

なくてはならない

という取捨選択をする時期です。






南吹田駅まちづくり

平成30年に

おおさか東線が

吹田市まで延びてきます。



久宝寺や東大阪とも

つながります◎



これによって

JR新大阪駅と南吹田がつながるので

梅田からの

終電が遅くなって

僕はとてもうれしいです。




というのはさておき

この新駅に伴い

道路工事も進み

南吹田1丁目、2丁目付近は

本当にガラッと変わります。




そんな中

新しい駅に伴って

街づくりを考えようということが

まちづくり協議会を中心に

行われています。




21日

吹南地区の

未来を考えようという座談会

参加させていただきました。




道路公園部の

職員さんから

工事の概要の説明があった後




芦屋市の自治会で

自分たちの住む地域の

よさを引き出すことに

成功された月若町の

住民の方のお話を伺い




いよいよ

駅や道路ができる際に

どういう町がよいかという

話し合いを10人くらいのグループに分かれ

ディスカッションさせていただきました。





実際に住んでおられる方の

意見は

市政にかかわらせていただいている

僕にとってもとても勉強になります。




僕のグループの

キーワードは



安心・安全

活気・ルール

でした。



僕が主張させていただいたのは

…少し長くなりますが(いつも)

書かせたいただきます。




まちづくりは

行政がつくったものに

僕たちが住むのではなく

住んでいる僕たちがつくっていくもの





幸せな毎日を過ごすためには

この町にすんでよかったなぁ

この町が好きだなぁと思えることが

何より大切です。



新しい駅ができると

たくさんの方が

移り住んでくることになります。



そうなったとき

昔から住む人も

新しく来た人も

みんながこの南吹田の街を

好きになってほしい。




そう考えた時に

南吹田のええところ

(伝統・川沿い・のどか・緑)

今住んでいる人たちが

今までの経験をもとに

話し合って街の特徴を

より具体化して

それをみんなで共有できる



あるいは

新しくテーマを作ってもいいのです

(アート・エコ・おしゃれ)




こういう街がいい

こういう街になってほしい

という志向性を高めて

それにむかってみんなが協力していく




とても大変なことですが

そういう環境ができると

いい街ができるはずです





地域の関係が

希薄になっている今こそ

こういうことが大切で

取り戻していきたいのです。





これからまだ街づくり協議会の

イベントがあると思うので

みんなで南吹田のいいところを発見、共有し

繋げていけたら素敵だなと思います。





まちづくり協議会の方々は

本当に大変だと思いますが

いい街作るために頑張ってください!!




僕にもできることがあれば

ご協力いたします^^





畑の中心で愛を叫ぶ 収穫編

6月に植えた枝豆の

http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/entry-11279398097.html

収穫に行ってきました!!




ブログでは報告していませんでしたが

夏に

草引きも行ってたのです◎




↓↓↓↓





上下の写真

実は違う畑で

下は愛を叫ぶ畑グラマー園


上はリーブスの畑

わけあり農園



イメージ図ということで

お許しください。



グラマー園には1度

わけあり農園には3度草引きに

行きました◎




枝豆の収穫は

葉っぱをはえてる向きと

逆方向に

ぶちぶち草をちぎっていって




茎と豆だけの状態にして

はさみで茎ごと切る



という作業なのですが

みんなでわいわいするから

楽しいものの





一人で黙々とやると考えると

やはり大変な作業です。




無農薬なのに

こんな立派な

枝豆ができたのです!!



35mくらいのひとつの畝を

お借りしてたのですが

ほんと豊作です。




収穫の後は

BBQ

そして

メインイベントの

畑の中心で愛を叫ぶ




この畑の持ち主で

イベントの主催者で

ひきこもりの青年を受け入れている

本條さん

http://ameblo.jp/ladys-auto/






めっちゃちっちゃいですが

わけあり農園の主

リーブス



僕も愛を

しっかりと叫んできました




届くといいなぁ。





3月頃

土起こしを体験させていただき

6月に植え付け

8月に草引き

10月に収穫と

ほんの少しだけ

農業を体験させていただきました。




もともと農業への想いは

http://ameblo.jp/nobukatsu-adachi/theme2-10054351044.html#main



ここから始まりました。

体験させていただいて

やはりこれは間違いないと実感しました。





せまっくるしいコンクリートの中

テレビやインターネット、広告に囲まれて

すごくしんどい環境に

僕たちは生きていて

ゆーっくり考える時間というものを

なかなか与えられません。




よくわからない

自分らしさとか

個性とかを求められて

本当に大変です。




そんなとき

緑に囲まれて

ゆっくりとした時間の中

(作業してるとあっという間ですが)

作業をしていると

いろ~~~んなことを

考えることができます。





僕自身

どれだけいろんなことを考えたか。




そんな中で

ゆっくりゆっくり

元気とか感動とか

生きる楽しさとか

見つけられると思います。




ひきこもりの解決に

絶対つながります!!



農業は決して簡単なものではありません。

グラマー園は無農薬でやっているので

草はひかなきゃならんし

虫がでたらとらんとあかんし

とにかく手間がかかります

(本條さん本当にありがとうございます)

だからたくさんの人が

手伝って、そこに笑顔の輪がうまれて

いい空気が流れるのです。




この半年程

本当に素敵な時間

過ごすことができました。





これから

これをもっともっといろんな人に

経験していただいて

豊かさや幸せについて

考える時間を持っていただきたく思います。





興味ある方は

nobukatsu.adachi@gmail.comまで

ご連絡ください!




疲れた心を癒しに

篠山にお連れしますよ^^




ご家族や知り合いの方に

引きこもってる方がおられましたら

是非一緒に行きましょう!

ほんまに楽しいですよ!!



一歩踏み出す勇気を




copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.