オフィシャルブログ official blog

日別: 2011年1月28日

110128日経社説を読んで

ふと思ったんですが

日経社説を読んでというタイトル

重々しすぎますね



明日から

もうちょっと

キャッチーなタイトル

つけてみます



今日の社説も2本


今こそ選択と集中が求められるNEC

国債格下げは政治への不信任



1本目は

NECとレノボ(中国)が合弁会社を設立し

NECが実質上パソコン事業も売却したとも

見られる動きへの意見



NECの経営体質を批判されているのですが

僕が注目したのは




関連記事に載っていた

合弁会社設立の記者会見で

両者のトップがした発言です



「我々は世界三大市場のうち、

          中国に続き日本でもリーダーになる」


「世界4位企業と組むことで価格競争力を高められる」



前者が

レノボの楊元慶・最高経営責任者

後者が

NECの遠藤信博社長の発言



レノボの方が

攻撃的というか戦略的というか

発言がプラスの方向を向いているように感じます。



中国と日本の縮図なのかな。

リーダーの在り方を学びました。


ちなみに世界三大市場は

東京市場、ニューヨーク市場、ロンドン市場です。





2本目

いよいよ国債が格下げされました



市場から

政府がケツをたたかれている

状況です



国内総生産は悪化すると言われ


基礎的財政収支(国債を除いた歳入歳出の収支)

は均衡せられないと言われ


社会保障制度と消費税率の見直しは

効果を発揮しないと言われ



そもそも日本政府が

問題解決に取り組む意思にすら

疑問を持たれている状況



今の政府全然信用されてへんやん!!

と思わせて

世論を解散を求める動きに持っていく作戦かも

しれませんが

(1面にも公明党が解散求める動きに出ていると言ってるし)



でもそう思われても

仕方ないような日本の政治状況




絶対変えてやる!!

と思う朝でした






copyright © 足立ノブカツ all rights reserved.